アレルギー体質とガンの関係

アレルギー性鼻炎

最近、久しぶりに持病の鼻炎が猛威をふるいました。(苦笑)おそろく掃除をしていて、埃をモロに被ったのが原因だと思います。

私はアレルギー体質で小さい頃からひどい鼻炎持ちだったのですが、中学生・高校生と年齢を重ねるにつれて症状がだんだん緩和していって、この年になるとほとんど起きることがなくなったのですが、今回久しぶりに鼻炎の発作で少し苦しんでいました。

小さい頃は、鼻水が出始めると一日中止まらなくなり、ひどい時にはティッシュを1箱使い切る始末でした。

もちろん鼻の下は赤く擦り切れてヒリヒリして痛かったです(*_*)

いつも鼻が詰まっていましたので、口呼吸しか出来ませんでした。

そのクセが今になっても抜けないですね・・・。今は詰まっていないので鼻呼吸しているんですが、口は開いているんです。いつもぼんやりと口が開いていて、少し間抜けに見えます。(笑)

なにかの心理学系の記事で読んだのですが、口呼吸をしていて口が開いている人は、鼻呼吸をしている人よりも集中力が低く、人からの印象もバカっぽくうつるそうです。(苦笑)

いや~、これは早急に治さねばならんね・・・。(; ̄ー ̄A アセアセ

とにかくそれくらい鼻炎がひどかったので、見かねたうちの両親は、体質改善の為にってことで、毎週1回アレルギー専門の先生がいる病院に通院させました。

保育園から小学校3年生くらいまで通っていたと思います。片道1時間はかかる遠い病院でしたので、結構大変でした。

毎週病院で注射を一本打っていましたが、それでもアレルギー症状(鼻炎)は全く良くならなく、鼻水がいったん出始めると、前述したように、もう一日中滝のように止まらなくなります(^^;

そのような注射を数百本打っても治らなかったアレルギー性鼻炎が、高校生になったあたりから少しずつ発作が起きなくなってきて、現在では鼻水もほとんど出なくなっていました。

アレルギー症状は成長していくにつれ、殆どおさまるそうなので、「毎週病院に通う必要があったのか?」と、今になって考えてみると、ちょっと疑問に思ったりもしますが、きっと強いアレルギー症状を引き起こさない為とか、様々な理由があったのだろうと思います。

今回は久しぶりにアレルギー性鼻炎に苦しんだので、それをキッカケに「アレルギー体質とガンの関係性」について色々調べましたので、分かったことを書いていきたいと思います。

コメント

  1. ひよ より:

    こんばんは

    12/16にコメントを送信したのですが、届いてないでしょうか?
    あまりの話にウソだと思われたでしょうか?
    試し送信をしてみますので、これが反映されて、
    前回のが反映されていなければ再送信しますし、
    していてもお返事がなければ、
    悲しいですが、知恵袋にはありがちのような、冷やかしととられたと思うことにします。

    メルアドは、非公開でも、初対面の方にはお知らせできません。

    • 新里(管理人) より:

      ひよ様、コメントありがとうございます。

      12/16にコメントを送信したのですが、届いてないでしょうか?

      既に返信したのですが、ひよ様の環境からは反映されていないのでしょうか?
      最近、サイトのデザインをいじっているのでそのせいなのかもしれません・・・。

      念のために、返信した内容を下記に貼り付けますので
      ご確認下さいませ。

      ここから———————————————-

      ひよ様、コメントありがとうございます。

      ということで、色々論争はあるようですが
      「アレルギー体質でもがんになる」というのは
      私のように、単に「遺伝」で済んでしまう人もいるのではないでしょうか?

      仰るとおりだと思います。

      文章を一通り拝見させて頂きましたが、
      ひよ様のケースは特に遺伝の影響が大きいように思えますし、
      アレルギー体質においても、ある程度は「遺伝」が影響している
      ように思います。

      ただ、これは私の信念でもあるのですが、

      「習慣」は、遺伝を越える

      と思っておりますので、強い意志さえあれば
      十分に克服できる問題だと考えております。

      リンチ症候群(家族性のガン)について簡単に調べてみたのですが、
      ガン体質ではあるにせよ、普通のガンに比べて「脆い」ケースが多く、
      抗がん剤や放射線の効果が比較的強いみたいですね。

      ひよ様がどのような治療を受けられたかは分かりませんが、
      3種類のガン、しかも原発ガンであるにもかかわらず、「現在術後3年目」
      ということは、再発もなく、比較的治療が上手くいっているのではないでしょうか。

      遺伝ごときに負けないで下さいね。

      糖尿病の程度にもよるのですが、インスリンが手放せないほどの
      重度のものでなければ、野菜ジュースの摂取を中心とした食事療法で
      十分に対応できるのではないかと個人的には思います。

      出来るだけ力になりたいと思っていますので、
      遠慮なく質問して下さいませ。

      私が答えられそうなものであれば、答えたいと思います。

      今後とも、よろしくお願いします。

      新里

トップへ戻る