アレルギー体質とガンの関係

アレルギー性鼻炎

最近、久しぶりに持病の鼻炎が猛威をふるいました。(苦笑)おそろく掃除をしていて、埃をモロに被ったのが原因だと思います。

私はアレルギー体質で小さい頃からひどい鼻炎持ちだったのですが、中学生・高校生と年齢を重ねるにつれて症状がだんだん緩和していって、この年になるとほとんど起きることがなくなったのですが、今回久しぶりに鼻炎の発作で少し苦しんでいました。

小さい頃は、鼻水が出始めると一日中止まらなくなり、ひどい時にはティッシュを1箱使い切る始末でした。

もちろん鼻の下は赤く擦り切れてヒリヒリして痛かったです(*_*)

いつも鼻が詰まっていましたので、口呼吸しか出来ませんでした。

そのクセが今になっても抜けないですね・・・。今は詰まっていないので鼻呼吸しているんですが、口は開いているんです。いつもぼんやりと口が開いていて、少し間抜けに見えます。(笑)

なにかの心理学系の記事で読んだのですが、口呼吸をしていて口が開いている人は、鼻呼吸をしている人よりも集中力が低く、人からの印象もバカっぽくうつるそうです。(苦笑)

いや~、これは早急に治さねばならんね・・・。(; ̄ー ̄A アセアセ

とにかくそれくらい鼻炎がひどかったので、見かねたうちの両親は、体質改善の為にってことで、毎週1回アレルギー専門の先生がいる病院に通院させました。

保育園から小学校3年生くらいまで通っていたと思います。片道1時間はかかる遠い病院でしたので、結構大変でした。

毎週病院で注射を一本打っていましたが、それでもアレルギー症状(鼻炎)は全く良くならなく、鼻水がいったん出始めると、前述したように、もう一日中滝のように止まらなくなります(^^;

そのような注射を数百本打っても治らなかったアレルギー性鼻炎が、高校生になったあたりから少しずつ発作が起きなくなってきて、現在では鼻水もほとんど出なくなっていました。

アレルギー症状は成長していくにつれ、殆どおさまるそうなので、「毎週病院に通う必要があったのか?」と、今になって考えてみると、ちょっと疑問に思ったりもしますが、きっと強いアレルギー症状を引き起こさない為とか、様々な理由があったのだろうと思います。

今回は久しぶりにアレルギー性鼻炎に苦しんだので、それをキッカケに「アレルギー体質とガンの関係性」について色々調べましたので、分かったことを書いていきたいと思います。

コメント

  1. 寺島 より:

    新里さん、こんばんは

    前に友達が「花粉症の人は癌になりにくいらしい」と言ってたので調べてたらこちらに行きつきました。

    うちの主人なんですが、かなり酷い花粉症なんですよ。

    うちの主人の場合は癌になりにくいとしても…はっきり言うとかなり食生活が乱れてたので、「そりゃあ癌になるよなぁ」です^_^;

    お酒もですが、コンビニやスーパーのお弁当やお惣菜に抵抗も無いし私から見ても余りにもコンビニの煮物とか平気に食べるので、怖くて癌になる前からベーコンやソーセージ使った料理止めたり缶詰めも買わないようにしてました。

    私はもともと虚弱だったのと母親が栄養士の免許持ってるせいか添加物良くない、合成着色料良くない、ポテトチップスはダメ、チョコレート禁止、マクドナルド禁止、ハムとか加工品良くないとか小さい時にかなり言
    われ育ってるので主人よりは気をつけてる方なんです。

    食事もちゃんと作っててもお酒のアテ用に添加物入ってる物をかなり主人が買って食べてました^_^;

    しかもカップラーメンも食べてる上にスープまで飲む始末です。飲んでも二口ぐらいしかダメと言っても聞かず。環境ホルモンの事とかも知ってたので「袋麺の方がまだマシだよ。インスタント自体良くないけどあの容器よりマシだから袋麺作る」と言っても聞かずです。

    プラスチック容器でも平気でレンジでチンです。もう身体に悪い事しまくっててしつこく言っても聞かずです。

    癌になる数年前からお酒飲んだ時は特に別人みたいになってたので、今お酒止めてるので平和です。

    入院前からシーフコイダンを飲んだり3月から家の調味料も全部変えて自然食品の店で購入した物で料理しています。

    私も主人に引きづられてポテトチップス食べたりストレスから甘い物を食べてたせいか、少し前まで鼻炎が酷くてクシャミ連発だったんですが食生活変えてから鼻水ズルズルとクシャミが無くなりました。

    抗癌剤はやらないと主人と話して決めていたので、結局ステージⅢbで、海外だと3段階まであるからそれだとⅢcと言われましたが、やらないと言いました。

    リンパ節転移は5つでしたが、手術前から徹夜してずっと調べてましたが抗癌剤…やった方は凄い悩まれて決断されてるので失礼かもしれませんが、私が主人に抗癌剤やってくれと言う時はもう死んでしまうかもしれないと覚悟した時だと思います。

    再発しても抗癌剤はきっとやらないと思います。「ガンを食事で治した医師と患者のレシピ」って本なんですが、抗癌剤やってる方も途中で止めたりまた他の方は最初から抗癌剤を拒否してます。食事療法などで治ってます。

    抗癌剤やってる方もお医者さんの言葉を全て鵜呑みにせず、自分で見極めて途中で止めたり手術受けないと言って食事療法言って医者にもう診れないと言われた方は食事療法で自力で治してたり。

    やっぱり圧倒的に酒、タバコ、かなりストレスフルな生活を送ってる、仕事を詰め込んで常に忙しい、癌になる直前は特にずっとイライラしてるって感じの方が多くて「わぁ〜一緒だうちの主人と」でした^_^;

    治ってる方って考え方を180度変えてかなり前向きです。医者に治してもらうらのでは無くて、自分で治すんだ!ってのが強くて前向きな方が再発して無いと感じます。

    食生活で癌になってる人には食事療法は効くと思うので、食事もですが他も色々取り入れて頑張ります。

    新里さんの記事見てヤクルトミルミルとぬちまーすも買ってます。

    担当の先生に険悪にならない程度に「お医者さんが癌になったら手術、抗癌剤、放射線治療は受けずに健康食品とサプリメントで治すってのも知りましたし、手術受けても簡単な手術しか受けないってのも。あとうちの主人は食生活がかなり乱れてたので、食生活ももう入院前から変えてる」って感じの話をしました。

    あと「抗癌剤やって良かった」「抗癌剤やって癌が治った」とかで検索色々したんですが、抗癌剤治療して良かったって言葉は見ないし、続けて良くなってる方いないです。

    ずっと前に調べた時癌ホスピスで160人対象に調べて抗癌剤治療で効果見られたのはたった6人^_^;

    しかも別で知ったんですが、効果ってのは抗癌剤治療して数日中に亡くなっても一時的に癌細胞が治療前より減ったなら効果ありだから…ほぼやっても効果無いと言ってるような物ですよね。

    抗癌剤はタダみたいな金額しか本当はかからないらのに凄く高いからお金儲けで日本のお医者さんはマニュアルで必ず勧めなきゃいけないって記事も何個か見て本当にそうだと思います。

    うちは癌保険入ってたので抗癌剤しても金銭的にはまだ大丈夫なんですが、それよりもともと体力ある主人が副作用で自分の身体じゃ無くなるような感じで普通に生活できなくなるショックが強いと思うので受けさせたくないと思いました。

    先日、辛坊さんが司会で癌の番組やってましたが「抗癌剤治療やった事で患者さんの寿命が短くなったと感じる事がある」って感じの質問に50人中44人の医者がハイを押してましたよ。

    本当に治す気持ちがある医者なら食生活や食事療法の話すると思うんですが、普通の病院ならそれは無いのでやっぱり病院、医者と言ってもお金儲けだから全て医者が正しいなんて無いと思います。

    • 新里(管理人) より:

      寺島様、コメントありがとうございます。

      コメントを読ませて頂き、色々と考えることもありました。

      がん治療に対する考え方は、人ぞれぞれですよね。
      私も自分の考えが偏らないように、いろいろな立場の人の意見を取り入れながら、おかしいと思うところは「おかしい!」と主張し、少しでも進歩していけたらと思っています。

      辛抱さんの番組についてはちょっと興味あります。
      それらしい動画がyoutubeにアップされていないか調べてみます。(笑)

      今後とも、よろしくお願い致します

      新里

    • 寺島 より:

      お返事ありがとうございます。

      シーフコイダンなんですが、何か良いサプリメント無いかな?と探している時直ぐに候補に上がったのは実は犬と宿泊するペンションで聞いた話からなんです。

      ペンションの老犬のワンちゃんは保護犬らしくて、保護した時は全身イボだらけ状態で20個ぐらいできてたらしいですが、私が見た時全然無くてコンブ水で綺麗になったらしいです。

      コンブってイボとか腫瘍に効くんだ〜と思い、暫くしてから犬ブログで知り合った方のワンちゃんが脾臓に腫瘍ができたのでその話をしました。

      その前に本当に効くのか?と調べたら犬にコンブ水の記事は出なかったけど、フコイダンが腫瘍に効くってのが出てきました。

      メカブやコンブのフコイダンが良いってのは癌のサプリメントを探すと出てきますが、これを実際に効くって見たのと色々調べたらメシマコブ、アガリクスとかも出たんですがキノコ系の滋養があるやつってよくよく調べたら免疫力がアップだけじゃ無くて、癌細胞まで元気になるらしいのでシーフコイダンにしました。

      あと中途半端なのだと効かないようなので高いんですが決めました。

      抗癌剤治療されてる方も飲むと副作用がましって書いてるのも見ました。

      あと病院の先生に抗癌剤治療しないって話と食生活変えてる事を話した後に癌専門の看護師さんが詳しいので相談したら良いと言われたんです。

      先生は外科の治療は専門だけど食事療法は詳しく無いと。

      私は旦那の話だけだと抗癌剤治療やる方に持って行かれそうな感じだったので色々思った事かなり先生に言ったので、次の週の抗癌剤治療の返事(先週で良かったんですが)は主人だけが行ったんです。

      先生がその癌専門の看護師さんを連れて来てくれてたらしく、主人も色々話したらシーフコイダンをやっぱり知ってて使ってる方多いそうです。

      絶対に効くなんて言えないですが、調べたり知ってた中では効く感じがします。

      先生には免疫療法とか抗癌剤治療は高いから食事療法は安いから的な話もされたんですが、私は違うと思います^_^;

      抗癌剤したく無いのと食生活がかなり悪いのが思いあたるし、
      正直…料理が好きな私でも食事療法はかなり大変だと思いますよ。

      自分が絶対に癌を治したい、家族が癌を治したいって気持ちが一致してないと無理だし。

      うちの旦那は私が居ないとたぶん食事療法無理です。新里さんは自分でちゃんとされてて凄いです。

      先生は患者の主人よりも真剣に受け止めてる私の方を心配してたそうです^_^;

    • 新里(管理人) より:

      寺島様、コメントありがとうございます。

      先生には免疫療法とか抗癌剤治療は高いから食事療法は安いから的な話もされたんですが、私は違うと思います^_^;

      食事療法もけっこうかかりますよね。(汗)
      野菜ジュースだけで、1ヶ月数万円はかかっていました。ただ、今は量を減らしていますから半部以下の金額で済んでいます。

      正直…料理が好きな私でも食事療法はかなり大変だと思いますよ。

      そうですよね・・・。
      ただ、数年間ほどしっかりやっていただければ、体質は改善されると思います。

      自分が絶対に癌を治したい、家族が癌を治したいって気持ちが一致してないと無理だし。

      私もそう思います。
      結局、本人の気持ち次第だと思います。
      「なぜ、ガンを治さなければならないのか?」ということを、ガン患者自身が明確にする必要があります。

      これに関しては、当たり前の問い過ぎて、殆どの人が真剣に考えたことがないと思います。しかし、そこが明確になっていないから治療に真剣に向き合おうとしないんじゃないかと思います。

      もちろん本人だけではなく、家族の協力も必要です。
      家族全員でガンに立ち向かっているという「空気」を作り上げることが大事なのです。それがないと、ガン患者はいつも「1人ぼっち」な感じがしていまい、大事にされていないと思って治療に消極的になってしまいます。

      先生は患者の主人よりも真剣に受け止めてる私の方を心配してたそうです^_^;

      そうなのですね・・・。
      癌の場合、ガン患者本人よりも家族のほうが参ってしまうことが往々にしてあるので、寺島様の様子を見てそう思ったのかもしれません。

      新里

    • ヨッシー より:

      今の大学の医学部で栄養学ってあるのでしょうか?結局、栄養学では、風邪を含む病気は治らないと結論づけて医学が進んできたのではないかと思います。

    • 新里(管理人) より:

      ヨッシー様、コメントありがとうございます。

      今の大学の医学部で栄養学ってあるのでしょうか?

      おそらく、栄養についての知識は講義などで習うとは思いますが、講義自体が少ないと思います。栄養学科を設置している医学部も少ないですから、「日本の医療は、栄養に重きを置いていない」と言っても過言ではないと思います。

      おそらく、栄養士や管理栄養士のほうがエキスパートだと思います。

      参考になれば、幸いです。

      新里

    • ヨッシー より:

      私も、寺島さんの意見に賛成です。日本で行っている3大治療に疑問は持ちますね。

トップへ戻る