アレルギー体質とガンの関係

アレルギー性鼻炎

最近、久しぶりに持病の鼻炎が猛威をふるいました。(苦笑)おそろく掃除をしていて、埃をモロに被ったのが原因だと思います。

私はアレルギー体質で小さい頃からひどい鼻炎持ちだったのですが、中学生・高校生と年齢を重ねるにつれて症状がだんだん緩和していって、この年になるとほとんど起きることがなくなったのですが、今回久しぶりに鼻炎の発作で少し苦しんでいました。

小さい頃は、鼻水が出始めると一日中止まらなくなり、ひどい時にはティッシュを1箱使い切る始末でした。

もちろん鼻の下は赤く擦り切れてヒリヒリして痛かったです(*_*)

いつも鼻が詰まっていましたので、口呼吸しか出来ませんでした。

そのクセが今になっても抜けないですね・・・。今は詰まっていないので鼻呼吸しているんですが、口は開いているんです。いつもぼんやりと口が開いていて、少し間抜けに見えます。(笑)

なにかの心理学系の記事で読んだのですが、口呼吸をしていて口が開いている人は、鼻呼吸をしている人よりも集中力が低く、人からの印象もバカっぽくうつるそうです。(苦笑)

いや~、これは早急に治さねばならんね・・・。(; ̄ー ̄A アセアセ

とにかくそれくらい鼻炎がひどかったので、見かねたうちの両親は、体質改善の為にってことで、毎週1回アレルギー専門の先生がいる病院に通院させました。

保育園から小学校3年生くらいまで通っていたと思います。片道1時間はかかる遠い病院でしたので、結構大変でした。

毎週病院で注射を一本打っていましたが、それでもアレルギー症状(鼻炎)は全く良くならなく、鼻水がいったん出始めると、前述したように、もう一日中滝のように止まらなくなります(^^;

そのような注射を数百本打っても治らなかったアレルギー性鼻炎が、高校生になったあたりから少しずつ発作が起きなくなってきて、現在では鼻水もほとんど出なくなっていました。

アレルギー症状は成長していくにつれ、殆どおさまるそうなので、「毎週病院に通う必要があったのか?」と、今になって考えてみると、ちょっと疑問に思ったりもしますが、きっと強いアレルギー症状を引き起こさない為とか、様々な理由があったのだろうと思います。

今回は久しぶりにアレルギー性鼻炎に苦しんだので、それをキッカケに「アレルギー体質とガンの関係性」について色々調べましたので、分かったことを書いていきたいと思います。

コメント

  1. ひよ より:

    あけましておめでとうございます。

    コメント、届きました。
    以前の分も見れました。
    なぜかはわかりませんが、ご面倒をおかけしました。
    申し訳ありません。

    がんは3回とも切除手術のみで
    大腸がんの時だけ、術後に錠剤の抗がん剤を飲んでいましたが
    あまり、効き目がないことと
    すね毛が全部抜けて、怖くなったので止めました。
    リンチはあまり、転移・再発しないそうです。

    たしかに、遺伝であっても、発症のきっかけは「環境」「ストレス」
    ですよね。
    遺伝だからとあきらめず、日々努力はしています。

    野菜ジュース、飲んでいます。
    新里さんのように、手製はできないので、市販ですが(笑
    腸のために摂っています。

    余談ですが、内科の主治医には、
    最新の糖尿病治療は、「バランスよく食べること」だそうで
    糖質を制限することは却ってよくないと言われています。
    現に、糖質(特に炭水化物)を摂らないと血糖値は上がりませんが
    上がったとしても、糖も必要なエネルギーなので
    長いスパンでみると、摂らないと大変なことになるそうです。

    コメントを頂いたことに、今更ながら気づきましたので
    (更新されていないので、コメントもしていないのかと思っていました)
    次回は「腸閉塞」の項目にコメントを残したいと思います。

    • 新里(管理人) より:

      ひよ様、コメントありがとうございます。

      コメントが閲覧できたようで、良かったです。
      今年も、よろしくお願いします。

      たしかに、遺伝であっても、発症のきっかけは「環境」「ストレス」
      ですよね。
      遺伝だからとあきらめず、日々努力はしています。

      そうですよね。遺伝で「病気のなりやすさ」は決まるのかもしれませんが、
      「環境」や「ストレス」でいくらでもカバーできます。

      また、環境やストレスは自分でもコントロール出来る部分なので、
      あきらめる必要は全くありませんよね。

      余談ですが、内科の主治医には、
      最新の糖尿病治療は、「バランスよく食べること」だそうで
      糖質を制限することは却ってよくないと言われています。
      現に、糖質(特に炭水化物)を摂らないと血糖値は上がりませんが
      上がったとしても、糖も必要なエネルギーなので
      長いスパンでみると、摂らないと大変なことになるそうです。

      私が食事療法の参考にしたゲルソン療法は、野菜ジュースを大量に飲みます。
      なので、糖質を大量に摂ることになるのですが、ゲルソン博士はゲルソン療法を用いて糖尿病患者も治しています。

      ですので、私は糖尿病に関しては詳しくないのですが、上記のことからも、おそらく「血糖値だけの問題ではない」ような気がします。

      参考になれば、幸いです。

      新里

トップへ戻る