マルチ商法まがいのことをやっている?

あ、「ディレクター」について分からない方がいらっしゃると思いますので、簡単に説明したいと思います。

ここのメーカーは「ディレクター制度」といって、一般の素人さんにもサプリメントの営業をやらせています。ディレクターと呼ばれる方々は、自分自身でこのメーカーからサプリメントを購入して、自分の知り合いなどに営業をかけています。

売れたら、売上代金の何%かをマージンとして受け取ります。そして、あわよくば買ってくれた人を教育して新しいディレクターに仕立て上げます・・・。

もう分かりますよね?これ、「マルチ商法」です。(^^;

これはおそらく薬事法違反にあたります。

一般の消費者が、健康食品やサプリの使用感や自分の体験談を、自然な会話の中で話す事に、何の問題もありません。
しかしながら、マルチのDTである人が、ダウンの勧誘や商材の販売に際し、自分の経験や健康食品を摂取している人が「○○が治った」というような体験談を話す場合は、薬事法違反に問われる事になります。

引用:マルチ商法と薬事法

医師免許を持って医療行為を行うことの出来る医師も、要はディレクターであり、マルチ商法に関わっているわけですから、かなり問題でしょう。(※私達がお世話になったクリニックでは、しつこく勧められるというようなことはありませんでした)

仮に医師・医療機関側の販売が法律違反ではなかったとしても、ちょっと教育を受けた素人さんに営業させるのはひどいですね(苦笑)

おそらく素人ディレクターさんは営業に対する教育をちょっと受けただけで、薬剤師やサプリメントアドバイザーなどの資格を持っていないと思います。

だとすれば、とても品質に信頼なんかおけません。薬剤師が常駐している薬局で医薬品を買ったほうがマシです。

また、「専門教育を受けた医師が開発にかかわり、医師が処方するサプリメント」

がドクターズ・サプリメントですから、これは全然「ドクターズ」サプリメントじゃないですよね。(「ディレクターズ・サプリメント」と名乗るべきでしょう)

なのに、ここのメーカーは、堂々と「ドクターズ・サプリメント」のロゴまで作って品質をアピールしているのです。もうね・・・。色々とひどいです。(^^;

トップへ戻る