一つ、決断をしてみる

大腸ガンを患って以来、普通に生きる事がどんなに素晴らしい事かよく分かったつもりです。

人は、大事な事は失ってみないと分からない。

お金、大切な人(家族や友人、恩師など)、健康…、私の場合は健康でした。

去年の3月18日にガンの告知を受けて以来、当たり前に与えられていたものの大事さを知り、それを取り戻そうと必死で勉強してきましたし、今もしています。

あまりやり過ぎると病気にココロが囚われる事になるからダメだと思いつつ、病気や健康、西洋医学や東洋医学、サプリメント、体を元気にする食材やレシピなどを学ぶ事が楽しくなりました。

さらに、「ガンを治すには【メンタルケア】が一番大事なんじゃないか」と最近思っているので、カウンセリングや心理学などにも興味が出てきました。

本を読むのは元々好きなのですが、最近はそれ系の本ばっかり購入しています。

大腸がん手術から半年、CT検査の結果という記事で、

  • ブログをこまめに書くということが病気に囚われるという事につながる
  • 病気が治る人は、病気を忘れた人である
  • 病気関連の本やサイトを訪問して勉強するのはかえって病気を呼び込む事になる

とか悟ったような事を言っていましたが、それ系の本を読んで勉強するのが楽しくて仕方がない、ガンや病気に限らず、心や体に関する事に興味を持つようになったんですね。

「それについて学ぶ事が楽しいので、それ系の仕事が自分には合っているんじゃないか」と、最近自問自答しております。

「心と体に関する事」と一口に言っても範囲が大きすぎて手がつけられないし、もう少し自分の心と向き合う時間が必要なようです。

私はアフィリエイトでビジネスをして収入を得ていますが、いくら収入が増えても「やりがい」とか「達成感」という意味ではしれたものです。

大腸ガンを罹ってから日課でやっているウォーキングをしながら、「自分がこれからいろんな病気や健康に関する知識や経験を積み、その知識や経験を悩んでいる人の為に活かす事ができたらどんなにやりがいや満足感があるだろう!」と、自分が慢性の病気で悩んでいる人に対して何らかのアドバイスをしているところや、病気や健康に関する公演をしているようなとんでもない妄想をしていると、物凄くモチベーションが沸いてくるんですね(笑)。

でも、私はとにかく面倒くさいのが苦手、外に出て働くのを辞めてネットで収入を得る事を選んだような輩に務まるようなジャンルではないのは明らかなんですが(笑)

でもこの小さな「熱意」みたいなものが本物なのかどうか確かめたくて、私にも出来そうな仕事やボランティアみたいなものや資格はないものか、いろいろ探しています。

何か一つ目標を作ってみたいんです。

特に私は大腸ガンを患っているので、その経験を活かせないかなーと考えているんですが、何かないですかね?

いろんな勉強を手当たり次第でしていくうちに、「この仕事だ!」と思えるものがきっと出てくると思うので、それまでなんの脈絡もなくいろんなサイトを見たり、本を読んだり、ブログを更新してみたりします。

それ自体が楽しいので、やっぱり自分に向いている職種なんでしょうね。

このブログの運営は、皆様の「支援」によって成り立っています。

ご支援のお願い
私が目指しているもの

トップへ戻る