大腸がん手術から2ヶ月目の定期検査の結果

待合室の様子

昨日は定期検査がありました。

CEA、CA19-9共に正常値の範囲内でした^^

体の調子も手術以前より調子いいし、食事療法の効果も出てきてるのか、以前より疲れにくくなりました

でも無理はせず、ストレスを溜めずにこれからも精進しようと思います。

短めですが、今日はこの辺で!

このブログの運営は、皆様の「支援」によって成り立っています。

ご支援のお願い
私が目指しているもの

コメント

  1. 新里 より:

    コメントありがとうございます。

    返事が遅れて申し訳ありません。

    >昨年11月に、同じ29歳で膀胱癌と診断、手術しました。私はステージ1でした。

    膀胱癌がどういうタイプの癌かよく知りませんが、ステージ1という事なので、特に悲観する必要もなく食事やストレスに気をつけて、日々楽しく生きていけばいいと思います。

    >情報交換などできればと思います。

    そうですね。是非こちらこそよろしくお願いします。

    私の場合は、毎日日課にしていたジョギングをやめて、今はウォーキングをしています。
    あとは食事ですね。 ミキサーでオリジナルの生野菜&果物ジュースを毎日3リットルくらい飲んでいます(笑)主食は自然農法で栽培された玄米を中心に旬の野菜を食べるようにしています。

    動物性たんぱく質は小魚以外は食べないようにしています。

    たんぱく質は今は植物性のみです(大豆や納豆など)。

    この食事は栄養面でいうとバランスが悪いのですが、ガン治療の観点から言えば良いようです。

    ですが、本当にいいかどうかは病気の進行度や当人の遺伝・体質にも関係してくるので、実際に試して体に聞くのが一番だと思います。

    私が実践しているのは、大まかに言えばこれぐらいです。

    ちなみに、食事日記をつけられていますか?

    私は毎食食べた物を記入して、次の日くらいに体調の変化を細かく記入しています。

    「今日は結構早く空腹が訪れた」とか、

    「よくオナラがでた、ちょっと消化不良気味か?」とか、

    「今日はいつもと比べて仕事の疲れをあまり感じなかった」とか、

    「いつもよりだるい感じがする」とか、

    ほんとうに細かく書いています。

    そして、「何故そうなったのか?」を「仮説」をたてて「改善策」を考え、自分を人体実験にして「検証」します。

    このような科学的な過程を経るわけです。

    それを2~3ヶ月続けていくと、自分の体には何が一番必要なのかがよく分かってきます。

    正直この方法は切羽詰った状況の方にはオススメは出来ないのですが、ステージⅠぐらいの状態であれば、おそらく十分可能かと思います。

    私はブログを見て下さった方々から、コメント以外にも直接メールを頂く事があります。

    その際にどんな食事を摂っているかと聞かれるのですが、まだ手術して1年も経っていないので、自信を持ってアドバイスが出来ません。

    でもその中で自信を持って勧める事が出来るのが、この食事日記をつける事なんです。

    これを書き続けることで出来上がった食事メニューは、その人専用のものですので、間違うはずがありません。

    食事日記の一番のメリットは、自分の体調の微妙な変化に気づくようになり、同時にその変化が安全なものか、原因は何か、対策はどうすればいいかがよく分かるようになります。

    「あっ、今日は熱っぽいけど、これは大丈夫だな。確か同じ症状が過去にもあった。 その時はこれを食べてすぐに良くなったから、今回もそうしよう」

    などと、すぐに判断出来る様になります。

    そうなると少々の体調不良にも動じなくなり、ガン闘病中の人なら誰でも抱えているであろう「再発への恐怖」がなくなります。

    この「再発への恐怖」のストレスが私達の最大の敵なので、このストレスからの解放は非常に大きな意味があると思います。

    この食事日記をつける事は本当におすすめです。

    >現在は抗がん剤治療をしています。

    抗がん剤治療は本当に大変だと思います。

    私は抗がん剤については否定的な立場ですが「どんなもんか」と試しに1回やってみましたら、非常に苦しかったです。

    抗がん剤と食事療法との併用は、それぞれ単独で行うよりも効果的である、と仰る医者もいますので、頑張って下さい!

    —追記

    ブログ、一通り拝見させて頂きました。

    非常に向上心があふれている方だとお見受けしました。

    考え方や、物事の着眼点なんか結構似ている気がします^^

    今までどおり、ブログにはガンの事なんか書かない方がいいと思います。

    ガンの闘病記ブログを書き続けている私が言うのも変ですが、「それ」がガンに心を囚われる事になりますので、

    何回かブログで主張している事ですが、「今、この瞬間」を真剣に、楽しく生きる事が幸せだと思うんです。

    お互い「今」を真剣に生きましょう!

    新里

トップへ戻る