術後3年半目のCT検査をする:意図しない血液検査!?

術後3年半目のCT検査

今日は手術から3年半目の検査の日でした。
CT検査を受けてきたんですが、今日は血液検査が追加されていました。

前回(半年前)の診察の時はそんなことは主治医から一言も言われていなかったのでちょっとびっくりしました。ガンになったらちょっとした変化でも不安になるものですから、疑問に思ったことを放射線科の看護師さんに聞いてみました。

私:「あの~、今日はどうして血液検査もやるのでしょうか? 前回の診察の時には言われなかったものですから・・・。」

看護師さん:「それはちょっと分かりませんが、追加で新しい検査が入るのはよくあることですよ」

私:「腫瘍マーカーの検査も入っているのでしょうか?」

看護師さん:「えぇ、CEAとCA19-9が入っています。」

ふーむ、O先生が主治医になってからは、1回も血液検査を行ったことがないなので、これは少し気になります。

私の親戚の叔母さんも同じ大腸がんで主治医も同じO先生なのですが、叔母さんも定期検査はやっていないと言っていました。叔母さんは不安なので「血液検査をやってほしい」派なのですが、私は腫瘍マーカーは(前立腺のPSA以外は)あまり当てにならないと考えているので、「まぁ、先生がそう言うなら・・・。」ってことで放置してました。

その先生から、いきなり追加で血液検査が入ったってことはただごとではないかもしれません。少し不安になってきました。(^^;

でも、1つ疑問があるんですよね。私の通っているこのN病院では、腫瘍マーカーの検査は外部に委託しているはずなんです。ですから、少なくとも検査結果が出るまでに1週間はかかるはずなのですが、検査結果の説明が明後日なんですよね・・・。

ってことは、明後日にはCTの結果説明は可能だとしても、腫瘍マーカーならびに他の数値の結果があがってくるのは(時間的にも)間に合わないはずですから、結果説明の為に2回病院に来なきゃいけないのでしょうか?
ここらへんを、今まさに私の血液を採取中の看護師さんに聞いてみました。(迷惑かな (^^;)

私:「あの~、私、明後日に検査結果の説明があるんですけど、腫瘍マーカーって早くても1週間後くらいにしか結果が分からないんですよね?」

看護師:「以前まではそうでしたけど、今は一部の腫瘍マーカーは当病院でも測定できるようになりましたので、今日にでも数値は上がってきますよ。^^」

私:「へ~、そうなんですか(°o°;; ってことは、明後日には分かるんですね?」

看護師:「はい、そのはずです。」

私:「分かりました。ありがとうございました。」

なるほど、N病院も儲かってるのでしょうか。私の主治医がA先生だったときには血液検査を行っていましたが、その時は腫瘍マーカーの数値が2~3週間後にしか分からなかったので、その間はずーっと不安でした。今回はCT検査の結果も明後日に分かるので、悶々とする日が少なくてすみます。(^ー^)

それにしても、何故今回は血液検査が追加になったのでしょうか・・・、2つくらい考えられるんですよね。

1つ目は、前回の検査の時に、O先生は「問題ないよ ^^」とは言ってたものの、実は少し気になるものがあって、それがどう変化しているかを観察する為に、念のために血液検査も追加して調べてみるってことがあるかもしれません。あくまで可能性としてですが・・・。

O先生は、あまり多くを語らない人なんですよね。患者には余計な心配を掛けたくない方針なのかもしれません。本当になにもないことを信じていますが、実はそういうものが昔からあって、でも今すぐどうこうするものでもないし、しばらく様子見してみるか・・・。ってことも考えられます。

これが「医師法」みたいな法律に違反するのかどうかは分かりませんが、(「説明不足」ってことで、)とにかく私はO先生にそのような説明は受けていません。「完璧!」としか言われていない。(笑)

放置しているうちに治っちゃった、もしくは消えちゃった・・・。

みたいな事例をいくつかの闘病記で拝見していますし、消えたあとで「おぉ~、画像で見えなくなってるね! 実は昔からここに気になる影があったんですよ。よかったですね~(^ー^)」みたいに話す医者がいるみたいなんですよね。

闘病記なんで信憑性はありませんが、闘病記を書いている患者本人がウソを書く理由もないので「あり得る話」なのかもって思っています。

そして2つ目が、父が前立腺がんであると改めて確定したからです。
こないだ前立腺針生険の結果説明がありまして、「ガンである」と確定診断が下りました。グリソンスコアがで、最悪が10ですから悪性度はかなり高いです。(そういえば、まだ記事書いてませんでしたね・・・。暇なときに記事書きますね。)

父が泌尿器科、私が消化器外科で全然違うのですが、そういう情報は全ての科で共有されているはずなので、「父のこともあって血液検査が追加になったのかな?」ってことも考えられます。

今回は特に不安を感じる・・・。

どちらにせよ、久しぶりの血液検査ですから少し緊張します。でも、「自分の栄養状態がどうなっているのか調べてみたい!」って最近思っていましたので、好都合なのかもしれません。

ただ、今回の検査はそれ以外にも不安を感じる要素がいくつかあるんです。

1つ目は、ここ2ヶ月くらい玄米を食べていないんですね。
私は玄米はハイレベルな食べ物ではあるけども、きちんとしたものを選び、調理法さえ間違えなければ、ガン治療&再発予防にも大きな効果を発揮すると常々主張してきました。

そろそろ玄米が「健康食」か「不健康食」かに決着をつけようと思う
大腸がんの手術から、1年と3ヶ月が過ぎました。完治(再発なしで5年経過が一つの目安)まではほど遠いですが、抗がん剤治療をせずに、...

ですが、少し前に母親が数十キロ単位でお米(白米)をもらってきまして、ご近所の方に何キロか譲ったのですが、それでも大量に余ったので、それがなくなるまで玄米食を控えていました。まぁ最近の話なのであまり影響はないと思いますが、これが1点です。

もう1点は、以前飲んでいたサプリをほとんど辞めたことです。父の治療代(サプリを含む)に回すためです。
私の症状はいまのところ安定していますし、父のほうが全然ヒドイのでそこに回さざるを得ないんですね。合わせて私のサプリを買うほどお金もないですし・・・。(汗)

野菜ジュースの量も少し減らしました。これも同じで経済的な問題ですね。
父の治療費がいくらかかるのかある程度メドはついたのですが、何があるか分からないですからね。「予期せぬ出費」に備える為に、私に回していたお金を削るほうがいいと思いました。

数ヶ月前からそのようにしていますから、ちょいと不安なんですよね・・・。やっぱりお金の問題って大きいです。

もちろん「野菜不足を解消する工夫」をしています。

「以前より少ない野菜摂取量なのに、どうやって野菜不足を解消するの!?」

って話なんですが、それはまた次の記事ネタとしてとっておこうと思います。(笑)

ということで、いくつか不安要素はあるんですよね・・・。
色々な環境が変わったのでそうせざるを得なくなったから仕方のないことなのですが、自分の考える「最高のガン再発防止法」をやり尽くしていないわけですから、再発していてもおかしくはないんですね。

私は手を抜いた途端に不安になってしまう完璧主義者ですから、どうしても不安になってしまうんです。確実に「ガンになりやすい性格」だと思います。(苦笑)

父のこともあるし、今回は特に不安なんですよね・・・。
母もこないだ胃カメラを入れてきました。結果は来週分かります。7年ぶりらしいので、なにかあってもおかしくはありません。母の様子を見る限り大丈夫そうですが、もし母まで何かあったらうちの家庭は潰れます。(笑)まぁ、笑い事じゃないですけどね・・・。

とにかく、ここ数ヶ月はこれまでの人生で一番ハードな人生をおくっているかもしれません。
頭も心も体もフル回転しています。一日中ずーっと調べ物をしています。「俺って、意外と体力あるじゃん」と自分でびっくりしているぐらいです。(笑)

体を壊さない程度に、これからも精進します。
次回は検査結果について書こうと思います。良い結果であることを祈っています。

このブログの運営は、皆様の「支援」によって成り立っています。

ご支援のお願い
私が目指しているもの

トップへ戻る