新たな可能性

リンク先の内容をざっくり解説しますと、「激しい運動をした場合、肝機能は悪くないのに異常値を示す場合がある」らしいのです。

肝細胞に含まれているGOTやGPTといった物質は、全身の骨格筋(筋肉)にも含まれています。

体を酷使して筋細胞が壊れると、GOTやGPTが漏れでて血中濃度が上昇するので、血液データ上では「あたかも肝機能が悪くなっているように見えることがある」のです。

なので、GOTやGPTが肝細胞「から」きているのか、または筋肉「から」きているのかを見分ける必要がありますが、そのときに用いられる検査項目が、クレアチンキナーゼ(CK)です。
これの数値が高ければ、(激しい運動などにより)筋肉が損傷していることが推測できるのです。

実は、数日前に3時間ほど筋トレをしてたのです。
数ヶ月ぶりに筋トレをやったものですから、「全身筋肉痛」と「だるさ」が数日残るほどでした・・・。

まさか筋トレで肝機能数値が上がるなどとは思いもしなかったので、問診をしてくれた看護師や医師の診察時には、筋トレのことは話していませんでした。

また、上記のリンク先には「普段運動していない人は、軽く運動しただけでもCK値が劇的に上昇する場合がある」というような記述があります。
かなり私の状況に当てはまるので、今回の騒動(?)の原因は、サプリの過剰摂取や肝転移ではなく、筋トレが原因ではないかと思えてきました。

トップへ戻る