注腸検査(バリウム検査)の体験談

バリウム検査

今日はN病院での注腸検査(バリウム検査)の日でした。

内視鏡検査はNクリニックで受けたのですが、腫瘍がでか過ぎてカメラが奥まで入りきることが出来ず、ロクに調べることが出来ませんでしたので、今度は液体のバリウムを肛門から注入して、腫瘍の向こう側の大腸の様子を検査するということです。

内視鏡検査が一番正確に診断できる検査なのですが、まれに私みたいにカメラ自体が入りきらない人がいるので、そういう人用の検査らしいです。

バリウム(液体)なんで、腸管の隙間がわずかしかなくても腸管の隅々まで到達できますからね。

仕組みがよく分からないのですが、バリウムが流れていく様子を動画で見ることで異常がないかどうかを判断するようです。

腸の中がバリウムや空気でパンパンになるので、結構きつかったです(汗)

けっこうきつかった注腸検査(バリウム検査)の体験レポート

内視鏡検査と同じく前日は検査食を食べました。

違ったのが、前日に下剤を飲んだことです。

何時に飲んだか忘れましたが、たしかおやつと夕食の間に飲んだと思います。

夜寝る前にお腹がゴロゴロしてきてトイレに直行・・・。

夜中に直行・・・。

朝起きてすぐにトイレに直行・・・。

ちょっと心配だったのが、下剤を飲んでも、最後まで腸内がきれいに洗浄出来なかったことです。いつまでも水便が濁ったままでした。

内視鏡検査の場合、腸内がキレイになっていないと検査を正確に行えないそうなので、同じことが注腸検査(バリウム検査)にも言えるのではないか?

という不安はありました。

注腸検査(バリウム検査)当日、午前10時半にN病院に到着し、受付を済ましてレントゲンの待合室で待つ。

私が1番でした。

しばらく待っていると、看護師に呼ばれて着替えを促されました。

内視鏡検査をした時と同じ、肛門の方に穴が開いているパンツです。

それに着替えて、大腸の動きを止めるための注射を打ちます。

注射が効き始めるのを待って、検査室に入りました。

検査室の中には、こんな機械がありました。

こんな機械

これが起き上がったり、角度が変わったりします。

この機械に左向きに横たわっていると、後ろから診療放射線技師の方が話しかけてきました。

診療放射線技師A:「お尻から管を入れますので楽にして下さいね。」

私:「はい」

痛みはなかったです。

しばらくすると、人が代わって(ベテランの方だろうか、)私の横にきました。

診療放射線技師B:「では、検査を始めますね。今からバリウムを入れていきます。」

(うごっ)

バリウムが入っていく感触は、なんというか、オナラが逆流していく感じです。(^^;

バリウムはまだマシですが、空気を注入するのがきつい・・・。

お腹が張って便を我慢している感じです。(*_*)

診療放射線技師B:「息を吸ってください~、吐いて下さい~、息を止めて~、ハイ!」

この「ハイ」でどうやら撮影しているらしい(笑)

途中で体勢を何回もかえる。

右回りに仰向けになったり、左回りにうつ伏せになったり・・・。

空気がおしりから抜けるとなんかまずいらしく、何回か空気を追加注入しました。またそれがきつい・・・。

診療放射線技師B:「出来るだけ空気を漏らさないで下さいね~、」

私:「ハイ(と言われましてもですね・・。)」

何度かお尻から管が抜けたので、その都度管を入れ直しました。

かなり痛かった!!

(管を入れるときは、さっきの人がいいな・・・。)

モニターを見ると、バリウムが白く写っているのが見える。

内視鏡の時は素人目で見ても、「あっ、これは明らかに何かある!」って分かったのですが、これはレントゲン風なのでよく分からない。

(それにしても深呼吸するだけで、こんなにも腸が動いているのか・・・。)

開腹手術は、多かれ少なかれ腸の傷口が癒着します。

そのせいで腸捻転腸閉塞を起こしやすくなるのですが、深呼吸でこれだけ腸が広がったり動いたりするのならば、適度に深呼吸を行うことによって、これらの症状のリスクを少しでも軽減できるのではないでしょうか?

深呼吸は副交感神経を刺激するのでリラックス効果もありますし、リラックスすると免疫力も上がりますので一石三鳥くらいありそうですね(笑)

腸閉塞がクセになっている人や便秘気味の人には、簡単に行える改善&予防法かもしれません。

検査は1時間ぐらいかかったと思います。

本来はもっと早く終わるらしいのですが、私の場合、何回かお尻に入れられていた管が抜けてしまって空気を入れ直していたので、遅くなっちゃったんだと思います。

それでも検査中は緊張気味だったこともあって、あっという間に感じました。

診療放射線技師B:「はい、終わりました。お疲れ様です。今はお腹の中に空気やバリウムが溜まっている状態ですので、積極的に水分を摂って下さいね。」

私:「はい、わかりました。 ありがとうございました。」

内視鏡検査後と同じく、お腹がゴロゴロしていました。

すぐに漏らしそうになったので、フラフラしながらも直行でトイレにいきました。

白いペンキみたいなバリウムが出てきました。あと、なが~いオナラも(笑)

着替えを済ませ、会計を済ませ、家に帰宅。

家に帰ってからも、しばらくはトイレづくしです・・・。

バリウムとオナラを出しまくっていました。

特にオナラがすごかったです。とにかく長い(笑)。

20秒くらいオナラがでてたと思うので、今でもはっきり覚えています(^^;

このブログの運営は、皆様の「支援」によって成り立っています。

ご支援のお願い
私が目指しているもの

コメント

  1. anjazz より:

    anjazz様、こんにちは^^

    >ステージアップでダメージを受けられたとのことですが、明るい新里さんのこと、もう立ち直られていることと思います。次のことを考えるのが大切ですからね。

    コメントを頂けることが私のパワーになります。

    ありがとうございますm(_ _)m

    そうですね。 少々落ち込みましたが、今は食事療法やウォーキングなどをして非常に体調がいいのでクヨクヨはしていないです^^

    抗癌剤の副作用で途中で断念する事になるのが怖いですね。

    ステージに関わらず様々な大腸がん闘病ブログをチェックしていますが、結構な数の方が途中で副作用に耐えられず脱落しているんですよね。

    参考 → 抗癌剤の副作用の目安

    私はアレルギー体質ですし、薬に敏感に反応する体質でもありますので結構強めに副作用が出るんじゃないかな~、その時自分は耐えられるんだろうか、、など考えながら、なんとか副作用を軽減する方法はないものか、情報収集をしています。

    今は一日2~3リットルのニンジンを中心とした生野菜&果物ジュースを飲んでいます。

    ゲルソン療法に習い、忠実にではありませんが、ガンと分かった時から実行しています。

    食事療法を行っている方は抗癌剤の副作用がでにくいと、左でも紹介している済陽高穂先生の本を筆頭に、様々な食事療法関連の本で書かれていますので、おそらく真実なのでは?と、考えています。

    抗癌剤には色々な功罪があると思いますが、当事者の一番の悩みが「副作用」のことと思います。

    私が色々な情報を集め、自ら人体実験をして、少しでも副作用を抑えることが出来れば、このブログを見て下さる方々の参考になると思います。

    頑張ります!

    —追記

    アドレスは、(http://xn--v8jxho21jl6x1hmvgmt5t.jp/)でリンク出来ませんでしょうか?

    新里

トップへ戻る