内視鏡検査の体験談

内視鏡検査

昨日は検査食しか食べてないので、腹を空かしながら8時45分くらいにNクリニックに到着。

下着を汚す可能性があるので、ラフな格好でいました。

もう一人、内視鏡検査を受けられる方がいました。40代前半くらいの、元気で明るい女性の方です。

けっこうな酒焼け声で、たらふくお酒を飲みそうな人って感じです(笑)

二人とも看護師さんにつられて奥の部屋に案内されました。

そこで1.5リットルの下剤を渡され、説明を受ける。

看護師:「この下剤を飲んで頂きます。初めは1時間かけて500ミリリットル飲んで下さい。それからは30分くらいかけて500ミリリットルずつ飲んで下さい。初めて便が出たら確認させて下さいね。では、頑張りましょう!」

私:「分かりました。」

ここで、内視鏡検査について簡単に説明を受けました。


内視鏡検査は、胃や腸に直接カメラを入れて臓器を直に検査します。

でも、例えば胃を調べたい時に胃の中に朝食べたもの(内容物)が入っていたら、それが邪魔過ぎて正確に検査出来ないですよね?ですので、検査する直前には胃の検査でも腸の検査でも「空っぽの状態」にしておかないといけません。

大腸カメラの場合は、大腸全体を空っぽにしないといけませんから、基本的には前日から食事の調整が必要になり、当日は下剤をたくさん飲んで腸の中身(便)を全部出す必要があります。

便がキレイに排出されたかどうかは、便の色を見ることで判断します。

(人によっては)下剤を何リットルも飲むことになるので、数回繰り返すと水便しか出ませんが、その水便の濁りが濃いと、「まだまだ便のカスを出し切っていない」ということなので、水便が透明状になるまで下剤を飲み続けることになります(私はこれに時間がかかりました 汗)。

そして腸がキレイになった時点で、腸の動きを弱める注射をし(やるところとないところがあるっぽい)、検査を始めます。

カメラをいったん大腸の奥まで到達させ、そこからカメラを引きながら、腸内をくまなくチェックします。

小さいポリープならその場で切除することも出来るのですが、そうなったら検査ではなく「手術扱い」になるので、料金も跳ね上がります(苦笑)

検査自体は数十分で終わります。

(※ 看護師さんの言葉を思い出しながら書いています。もしかしたら解説に「もれ」があるかもしれませんが、ご容赦。)


上のような説明を長々と受けている間、女性の方は既に下剤を飲んでいました。

過去にここで検査経験済みなのか知りませんが、ほとんど説明なしで下剤処理に移っていた様子でした。

1.5リットルの容器に500ミリリットルの容量のコップに下剤を注ぎ込んで椅子に座って本を読みながら下剤を飲む、とにかく飲む・・・。

ほんとにまずいですこれ、(´・_・`)

味はなんというか、しょっぱくなったポカリスエットって感じです。やばいでしょ(^^;

でも飲まないと始まらないので、我慢しながら淡々と下剤を胃に流し込んでいく。

1時間経過、

2時間経過、

便意すらない。

女性はバンバントイレにいっている。

順調のようでうらやましい (´・_・`)

少し歩いたりお腹をさすったりすると、腸が刺激されて便を催すらしいのでやってみるが、うんともすんともいわない。しまいには看護師さんにおなかのマッサージをしてもらう始末(苦笑)それでも便意がない。

下痢気味ながら一応毎日便は出てるから、いったいどうしたものか・・・。

そういえば、生まれてこの方、1度も下剤を飲んだことはないし、浣腸すらしたことがない(赤ちゃんの時にあるかもしれないが)。ひょっとして、私には下剤は効かないのか?

2時間半くらい経つと、女性のほうは既に準備が出来たらしく、腸の動きを抑える為の筋肉注射をしていました。

「ううぅ~」とかうなっていたので相当痛いのでしょう(苦笑)。

奥の部屋から、N先生がやってくる。

N先生:「まだ一回も出てないの?」

どうやら私みたいな人はあまりいないらしい・・・。

たしか、父が内視鏡検査を受けたときも、一回目の便が出るまでに4時間以上かかったらしい。遺伝的なものなのかもしれない。



午後1時半くらいだったと思いますが、やっと一発目の便が出ました。

便が出たといっても、便意があったわけじゃなく、自分できばって出したような感じです。

便が出たら看護師さんに確認させることになっていたので、看護師さんを呼ぶ。

そこで看護師さんから言われた一言とN先生の表情が、私の不安をどんどん膨らませることになる。

看護師:「おや、血が出ていますね、新里さん」

私:「えっ?」

看護師:「以前から血便は出ていました?」

私:「・・・。いつもの切れ痔だと思ってたので、正直覚えていません。」

看護師:「ちょっと先生にみてもらいましょうね」

少し看護師さんの顔が曇っていた。

確かにいつもの切れ痔と違う違和感はあった。しかし、そう感じつつも特に心配してなかったというか、見てみぬふりをしてきた自分がいる。

さらに、以前の問診のときに、「たぶんいつもの切れ痔だと思うんですが、ティッシュに血がつくことが度々あります。」と正直に言えなかった自分がいる。

(なんてオレはダメなんだ・・・、)と反省するとともに、猛烈な不安が襲ってきた。

N先生が私の便をチェックしにやってくる。

N先生:「・・・。」

なにも言わず、5秒くらい眺めたあと、去っていく。
表情は、なかった。

さらなる不安が私を襲う。

まだまだ便は出るはずなので、続けて下剤を飲んで下さいと指示をされる。

不安を抱えながら下剤を飲み干す。

2時過ぎから、ダムが決壊したように水便が止まらなくなった!
やっと下剤の効果が現れ始め、数分おきにトイレに行く羽目になった(苦笑)

さっきまでお腹をさすったり歩いたりしてもうんともすんともいわなかったのに、今ではちょっとさすっただけで便を催す始末(笑)

トイレでシャーっと水便を出す度に、お腹の中が軽くなってスッキリするのが分かる。

(毎日便が出るのでお腹の中はキレイだ、と思っていたんだけど、これだけ便が出るってことは、腸が相当汚いってことなんだな。(*_*) )

私の考えを裏付けるように、何回便を出し続けても、便の色がいっこうに透明状にならない・・・。トイレの底が見えないくらいのこげ茶色の下痢便がずーっと出続けていました。

少なくとも20回以上トイレにいったと思いますが、結局最後まで合格点が出るほどの色にはなりませんでした。

看護師:「新里さんのお腹の中はかなり汚れていますね~ww」

なーんて言われて自分も苦笑するしかなかったです。

ずーっと便の色が薄くなったり、濃くなったりを繰り返していました。

私と一緒に下剤を飲んだ女性の方は、既に検査を終えて帰宅されていました。

(ん~、まさかこんなに自分のお腹が汚れているとは・・・、それにしてもさっきの血便が気になるな・・・。)

血便は初めの便以外には見られなくなっていたので不安は和らいでいましたが、何時まで経っても便の色が変わない。



下剤は既に4リットル以上は飲んでいました。

大腸の中に宿便が残っていると正確に検査が出来ませんし、時間も余計にかかります。だから便の色がキレイになるまで、どうしても下剤処理を続けなければいけません。

午後4時過ぎ。理想とまではいかないけれど、ある程度便の色が透明になってきていました。

N先生:「まあ大丈夫でしょう。検査しましょうね。でもあなたのお父さんはもっと時間かかりましたよ。やっぱ親子ですね。」

またもや苦笑。

お尻は拭きすぎて痛くなっていました。

やっと筋肉注射を打つことに。

さきほどの女性の方は大きな声を挙げていたが・・・。果たして如何ほどか?

うん。全く痛くない(笑)

それからお尻の部分に穴が開いているパンツに履き替えて検査室に入る。

N先生が検査室に来るまでに、体勢を変える練習を看護師と行う。

仰向けになったり、左向きなったり、右向きになったり・・・。検査中に色々体勢を変えるらしい。

しばらくするとN先生が入ってきた。ドキッとした。

(いよいよか・・・。)

N先生:「初めに肛門の入り口に麻酔を塗りますね~」
と言いながら、いきなり指を突っ込まれる!

(んごっ!!)

そこまで痛くはなかったが、いきなりやられたんでびっくりした (^^;
(ちょっと、、心の準備をさせてくれよ先生・・・。)

初めは左向きになって、カメラを入れる。

ちょうどモニターがあるので様子を伺うことが出来る。

(うわっ、きたね~! 毛がボーボーじゃん!)とか思いながらモニターを眺めていました(笑)

周りにはN先生以外に若い女性の看護師もいると言うのに、お恥ずかしい(汗)。

おっ?俺、なんか余裕持ってんじゃん、とか思っていましたが、カメラを入れてすぐに「変なもの」が姿を現したので、そんな余裕は消し飛んだ。

発見されたS状結腸ポリープ

これはポリープ?しかもかなりでかい!
この画像には移っていませんが、モニターに映っていた映像を見ると、下剤で排出することが出来なかった便が、あちこちにあったのを覚えています。(汚らしい~汗)

そりゃーこれだけの大きなポリープがあれば便も通らないですよね(ポリープではなく、ガンでしたが・・・。)

しかもよくみると細い血管が浮き出ていて充血してたり、出血もありました。
(血便の正体はこれか・・・。)

N先生の「生険!」とか「吸引!」とか、なにやら看護師への指示(?)らしい声が室内を響かせる。

便を掃除しながら色々調べているようだ。

練習どおりに仰向けになったり、右に体を傾けたり、左に傾けたりした。

検査時間は15分ほどくらいで終了しました。

内視鏡検査は30分くらいと聞いていたので意外と早く終わるんだなと思いました。

でもこれはあとから分かったことですが、検査が短時間で終了したのは、ポリープがでか過ぎてS状結腸の入り口付近までしか大腸カメラが通れなかったからでした。

検査が終了し、お腹の膨張感が多少あったが普通に歩けました。検査結果が出るまで別の部屋でしばらく休まされました。

検査後はかなりくらくらするそうですが、私の場合はS状結腸付近までカメラを挿入して終了だったので、特に疲労感はありませんでした。(※ その後3回ほど内視鏡検査をやっていますが、まったく疲労感はありませんでした)

隣の部屋からN先生の話し声が聞こえてくる・・・。

ん?注意深く耳を澄ますと、父の声も聞こえてくる。

検査が終わる時間があまりにも遅いので、心配してクリニックにきたのか(家から近いし)、あるいはN先生が呼び出したのかは分かりませんが、この声は確実に父の声でした。

(俺に結果説明する前に親と話すってことは、これは相当悪いんだろうな・・・。)

半ば覚悟を決めました・・・。

コメント

  1. 猪野 敏 より:

    私も 平成元年に 大腸ガン開腹手術をしました 
    最初の症状は排便に血液が付いていたことです
    痔疾だと思い肛門科へ行きましたが 半年経っても治らず
    胃腸科の専門病院へ行きました いろんな検査の結果
    初期の粘膜層の大腸ガンでした
    S字結腸と直腸の一部ですが15センチほど切り取りました
    人工肛門にはなりませんでした 33才の時でした
    現在 社会復帰して働いています
    こういう人たちはだいぶいることを知りました
    大腸ガンで死亡した話や記事は読んだり聞いたりしますが
    完治または快復して社会復帰した人の話は聞きません
    現在58才です お互いにがんばりましょう

    • 新里(管理人) より:

      猪野敏様、コメントありがとうございます。

      先輩の体験談、心に受け止めさせて頂きました。

      猪野さんは33才の時なのですね。
      やはり大腸がんに関しては「低年齢化」してきている傾向があるのかもしれませんね・・・。

      私も猪野さんのように、完治を目指して頑張りたいと思います。
      コメントありがとうございました。

      新里

    • 猪野 敏 より:

      新里さん その後 身体の調子はいかがですか
      私の場合 直腸を半分ほど切っていますので
      手術後 1年ほどは 下痢をしないように整腸剤
      の薬を飲んでいました そうでないと 大人用
      オムツをしないと大便のときトイレに駆け込んでも
      間に合いませんでした 胃がんの人が半分や全摘出
      しても日がたつにつれ大きくなるように 現在は
      健康体に近いです 便秘や下痢は時々あります
      整腸剤は飲んでいません 下痢の時も 3回くらい
      続けて駆け込む時がありますが 何とか大丈夫です

    • 新里(管理人) より:

      猪野 敏様、コメントありがとうございます。

      >新里さん その後 身体の調子はいかがですか

      おかげ様で元気に過ごしております。

      ただ、私も手術の後遺症として、以前より少しお腹を下しやすくなっていますね・・・。
      生活に支障がでるほどではありませんが、これはもう手術の代償として諦めています。

      ただ、時を重ねるにつれて少しずつ良くなっていますので、猪野さんのように「時間が解決してくれればいいな」と思って日々を過ごしているところです。

      新里

    • 猪野 敏 より:

      新里さんもだんだんよい方向になってきていますね
      私は 一年に一回大腸ファイバーをしています
      必ずと言っていいほど1個から2個のポリープ
      (ガン化していませんが)が2ミリから3ミリの大きさですが採っています 私の母親の家系が この病気が多く私も含めて5人手術しました 人工肛門になったのは一人です とりあえず直腸とS字結腸でしたが 吻合機が普及し始めた時期だったのでよかったでした それがなかったら 人工肛門でした 毎日の手入れが大変らしく身障者扱いになるそうです 自営業だったらいいですが サラリーマンだったら無理で
      社会復帰も難しいでしょう

    • 新里(管理人) より:

      猪野 敏様、おひさしぶりです。コメントありがとうございます。

      ポリープが出来やすい人は、「幼い頃の食生活が影響してるので、その後に食生活を変えても体質は治らない」と、どこかの記事で読んだことがあります。

      確かにその傾向が強いのでしょうが、私は術後1年目を除けば1回もポリープが出来ていませんので、改善の余地はあると思います。

      >それがなかったら 人工肛門でした

      私も直腸に限りなく近い場所に腫瘍がありました。
      術後のQOLなども考慮して、執刀医が頑張ってくれたおかげだと思います。感謝してます。

      新里

トップへ戻る