便秘や下痢を繰り返す人は内視鏡検査を勧めますが、検査を受ける前に知っておいてほしいこと

というわけで、「検査の重要性」の話に入っていきますが、

「専門家(医者)が言わない真実」があります・・・。

私達は、「早期発見・早期治療は、良いことだ」と信じ込まされていますが、実際にはその有効性は証明されていません。つまり、科学的根拠がないのです。これはメタボ検診やガン検診でも同じです。

なぜそう言えるのか?ここでは簡単に説明します。

がん検診の有効性について、「国立がん研究センターがん対策情報センター」は、以下のように説明しています。

1)有効性評価の考え方

がん検診の有効性を評価するためには、適切な指標を設定する必要があります。がん検診の評価指標は、がんの死亡率です。このため、死亡率減少効果を示すことで、がん検診としての有効性が証明されます。罹患率やQOLも重要な指標ですが、最終結果ではないことから次善の評価指標と位置づけられています。

※文字装飾は、管理人

出典:国立がん研究センター - がん情報サービス

がん情報サービスでは、「がん検診の評価指標は、ガンの死亡率」だと言ってますが、これは明らかに間違っています。私はがん検診のみならず、メタボ検診やその他の検査の有効性を測る場合は、「総死亡率」を指標に用いるべきだと考えています。

総死亡率というのは、全ての死因を含めた死亡率のことです。

「がんの検診だから、がんの死亡率で評価すべきじゃないの?(´・ω・`)」

と、お考えの方も多いでしょうが、私達はがん以外の病気で死ぬこともあります。
交通事故で死ぬこともあるだろうし、他の病気で死ぬことも十分あり得ます。

「交通事故で死ぬ人も数えるのは、全く関係なくない?(´・ω・`)」

という意見もあるでしょうが、必ずしもそうとは言えません。

例えば内視鏡検査の副作用で、(なんらかのメカニズムにより)脳の認知機能に異常が出る可能性もあります。そうするとハンドル操作を誤りやすいので、必然的に交通事故数が増えることだって考えられるのです。

あるいは、精神的な影響を受けて落ち込みがちになり、自殺数が増えるかもしれません。

もし、ガン検診のおかげでガンの死亡率が低下したとしてもですよ。そのせいで交通事故死亡数が3倍に増えていれば、ガン検診をやる意味はあるのでしょうか?

ないですよね・・・。

もちろん極端な例を出しています。
自殺数や交通事故数が、内視鏡検査と関係があるとはとても思えないのですが、「全くない」とは断言できませんし、仮にがん死亡率が減ったとしても、その他の死亡率が増えてしまい、「全体としては、死亡数が変わらない、あるいは増えている」となれば、検診をやる意味はなくなります。ただ単に、検診をやるコスト、時間的なコスト、精神的なコスト「のみ」がかかっている状態です・・・。

大切なのは、「ガン死を減らすこと」ではありません。「健康寿命を延ばすこと」です・・・。

「がんは怖い」ということがあまりにも強調され過ぎていて、このことを忘れている人があまりにも多い・・・。

がんは高齢化の病気であり、年をとったらどうしてもなりやすくなるんですから、無理矢理治療しようとせず、「上手く付き合う」ことを考えるべきだと私は思います。

現在のがん医療は、

  • 無理矢理治療しようとして、患者さんを余計苦しめているのではないか?
  • 本当にがん患者さんの寿命が延びているのか?

私はどうしてもこの「疑念」がぬぐえません。

「早期発見・早期治療」という考え方が、日本の過剰医療に拍車をかけている気がしています。

ですから、私は職場検診・メタボ検診・がん検診の全てに反対です。
健康な人・無症状の人にまで検診を勧めるのは間違ってると思います。

トップへ戻る