私が普段食べているおすすめの「無農薬&無化学肥料」玄米

玄米の効果・効能

いよいよ玄米シリーズも最終回になりました。多少は頑張って書いたつもりなので、もう終わりなのかと思うと、少し感慨深いものがありますね。

「一番言いたいこと」は、前回までで全て書ききったので、今回の内容はオマケ程度の話なのですが、かといって手を抜くことはせずに、最後まで突っ走りたいと思います。

前回の記事で告知したとおり、本当はいくつか玄米を紹介するつもりだったのですが、色々考えた結果、2つくらいしか紹介できるものがありませんでした。

味だけで言えば、5つくらいはパッと頭に浮かぶのですが、このページを読んでくれている方はおそらくガン患者が多いと思うので、少しハードルをあげて「美味しい + α」の玄米にこだわるべきかなと思いました。

というか、紹介するに値しない玄米がほとんどなのです。
今まで20種類くらいの玄米を食べてきましたが、発芽率が50%を超えるものがほとんどないのでお話にならないのです。

もしかすると、これが「普通」なのかもしれませんが、この有様では玄米食をすすめている私でさえ、「玄米を食べてはいけません」と言わざるを得ません。何故なら、そうなると市販や通販で売られている玄米のほとんどは、毒米だということになるからです。(参考 → 発芽しない玄米は、ただの毒

まさか、ガンの闘病記で「毒米」を紹介するわけにはいきませんから、(苦笑)苦労の末に見つけた「発芽率ほぼ100%の玄米」を紹介します。

まずは1つ目。私が毎日食べている「無農薬&無化学肥料」で作られた玄米ですが、いつも品切れ状態なので、本当はあまり紹介したくないことをそっと付け加えときます。

コメント

  1. マリン より:

    こんばんはたまたまこのサイトにきました。

    私もがんを2回して、1回は自然退縮、2回目は食事を普通食に戻して、またなりましたが、抗がん剤などは拒否して、今玄米菜食で6年になります。いろいろやっていますが、最近、いろいろ確認しているところです。玄米のお話しとても細かくて、参考になりますが、実際によくわからなくなってしまっています。最近FBで秋田の源流で無農薬、無肥料栽培の玄米にめぐりあい、サンプルをいただいたところです。こちらは非常においしいのですが、浸水する必要がないといっています。今、いろいろ調べているところです。今までも無農薬玄米を食べていましたが、まだまだ選び方にも奥が深いのですね。
    全部はブログを読めていないので、時間を作り読ませていただきます。

    • 新里(管理人) より:

      マリン様、コメントありがとうございます。

      最近FBで秋田の源流で無農薬、無肥料栽培の玄米にめぐりあい、サンプルをいただいたところです。こちらは非常においしいのですが、浸水する必要がないといっています。

      興味深いですね・・・。

      無農薬作物であるほど、体内に天然の毒を作って外敵から身を守りますし、
      アブシジン酸も活性化していると思うのですが、食べててだるくなりませんか?

      新里

トップへ戻る