私が普段食べているおすすめの「無農薬&無化学肥料」玄米

玄米の効果・効能

いよいよ玄米シリーズも最終回になりました。多少は頑張って書いたつもりなので、もう終わりなのかと思うと、少し感慨深いものがありますね。

「一番言いたいこと」は、前回までで全て書ききったので、今回の内容はオマケ程度の話なのですが、かといって手を抜くことはせずに、最後まで突っ走りたいと思います。

前回の記事で告知したとおり、本当はいくつか玄米を紹介するつもりだったのですが、色々考えた結果、2つくらいしか紹介できるものがありませんでした。

味だけで言えば、5つくらいはパッと頭に浮かぶのですが、このページを読んでくれている方はおそらくガン患者が多いと思うので、少しハードルをあげて「美味しい + α」の玄米にこだわるべきかなと思いました。

というか、紹介するに値しない玄米がほとんどなのです。
今まで20種類くらいの玄米を食べてきましたが、発芽率が50%を超えるものがほとんどないのでお話にならないのです。

もしかすると、これが「普通」なのかもしれませんが、この有様では玄米食をすすめている私でさえ、「玄米を食べてはいけません」と言わざるを得ません。何故なら、そうなると市販や通販で売られている玄米のほとんどは、毒米だということになるからです。(参考 → 発芽しない玄米は、ただの毒

まさか、ガンの闘病記で「毒米」を紹介するわけにはいきませんから、(苦笑)苦労の末に見つけた「発芽率ほぼ100%の玄米」を紹介します。

まずは1つ目。私が毎日食べている「無農薬&無化学肥料」で作られた玄米ですが、いつも品切れ状態なので、本当はあまり紹介したくないことをそっと付け加えときます。

コメント

  1. きむら より:

    ご無沙汰しております。
    お母様も少し落ち着かれた様で安心しております。

    私の方、色々有りますが、あれから”おいしい玄米粉”を飲み出したり、遅ばせながら少しづつ進歩もしてるかと思っています。
    ただ、やはり時間が全く無く、最近は又しても体力の限界を感じたりしつつ、倒れない様にしないとと思っていますが、掃除・洗濯・買物・調理等、生活から切り離せない事だけで時間が足りず、どうしたものかと考えてしまいます。

    ところで、前回マ〇セ〇のプレミアム玄米を食べていましたが、切れかかって来たので”なでしこ”か”江久母”を頼んでみようかと思いましたが、江久母さんとこ「芽が出るのに7日以上かかるので水や湯に浸けないで下さい」と有ります。
    また、なでしこさんは農薬を使っているとか?

    玄米は、最近では、5〜6時間浸水した後に5分以上乾煎りし(温度管理が出来てるかは…)、更に多めの水で2〜3時間浸水し炊き上げていて、食感もさ程悪くなく、以前の様に冷したり、暖め直す事も出来楽になりました。

    あとは肝心の主役の玄米ですが…
    またお手透きにご教授頂けると有り難いです。

    • 新里(管理人) より:

      きむら様、コメントありがとうございます。

      お久しぶりです。文章を読ませて頂き、非常にご苦労なされている様子がひしひしと感じられました。

      幸いにも、私の場合は友人や親戚が助けてくれました。
      おかげさまで、適度に息抜きが出来ました。

      もし、そのような頼れる人が周りにいるのであれば、遠慮なく頼ったほうがいいと思います。

      と言っても、私よりはるかに経験豊富でいらっしゃるきむら様には「釈迦に説法」かもしれませんね。どうか、ご自身のお体を大事になさって下さい。

      ご質問は、「どの玄米を選べばよいか?」ということだと理解致しまた。

      玄米は、発芽するかどうかが大事なので、プレミアム玄米を試したことのない私は、プレミアム玄米を評価することは出来ません。

      江久母さんとなでしこさんの間に、ほぼ「差」はないと思います。
      単純に「美味しい」と感じられるものを選ばれてもいいと思います。

      食事療法は「継続する」ことが大事ですので、「効果があり、かつ、続けられるもの」を選ぶことが大事だと思います。

      その観点から言えば、旦那様の世話や家事や仕事等の負担が大きく、玄米を炊くのが大変であれば、玄米食をやめてもいいと思います。玄米の抗がん物質は「美味しい玄米粉」から十分に摂れます。

      あくまで私の意見ですが、玄米と白米の違いは、その特殊な抗がん物質と食物繊維くらいだと考えているので、「美味しい玄米粉」を摂っているのであれば、主食を玄米に拘る必要はないと考えています。

      参考になれば、幸いです。

      新里

    • きむら より:

      お返事有難う御座います。

      乾煎りするとしても、やはり”発芽するもの”が最良であるんですね?

      あと田植え前の初期の頃の農薬」殺虫剤使用は、あまり影響無いのでしょうか?

      美味しい白米を食べさせてあげたいと思いつつ、”ブドウ糖”が強くて…(でも家にまだ無農薬の白米が少し残ってますが。。。)
      でも「無農薬ですが、水田起こす時に…」となでしこさんも言われるので、やっぱりえくぼさん欲しいなぁ(今の時期手に入らない?)と思ってますが。。。

      私の体調への心配りまでして頂き有難う御座います。

      またコメント(質問させて頂きます)
      m(_ _)m
      でも

    • 新里(管理人) より:

      きむら様、コメントありがとうございます。

      乾煎りするとしても、やはり”発芽するもの”が最良であるんですね?

      あくまで私の考えですが、やはり発芽するものがベターだと思います。
      と言いますのも、タネというものは芽が出ることが正常だと思いますし、その機能を失っているということは、「何かが欠けている」と考えているからです。

      あと田植え前の初期の頃の農薬」殺虫剤使用は、あまり影響無いのでしょうか?

      ゼロではないでしょうが、ほとんど影響ないと思われます。
      私は気にせず食事療法を実践してきてここまできました。

      むしろ、そういうことを気にし過ぎてストレスを溜めてしまうことのほうが、心身ともに悪影響であると思います。

      ”ブドウ糖”が強くて

      私はブドウ糖がたっぷり入っている搾りたての野菜ジュースをたくさん飲んで、ここまできています。

      「ブドウ糖がガンを進行させる」というエビデンスはたしかにあり、現在でもその証拠がどんどん増えているのですが、ブドウ糖は正常細胞のエネルギー源にもなりますので、極端に制限してしまうのも、どうかと思います。

      また、ブドウ糖摂取により分泌されるインスリンですが、これはグルコース(糖質)を細胞内に送り届けるだけではなく、カリウムを始めとした様々な栄養素を細胞内に送り届ける役割を果たしていることが分かりました。

      ですので、ブドウ糖は悪いことばかりではないのです。
      積極的摂っていく必要はありませんが、極端に制限すると悪影響が出ると考えています。

      参考になれば、幸いです。

      新里

    • きむら より:

      〜追伸〜

      新里さまは、えくぼさんの”分づき米”を食べられているのでしょうか?
      他のお米には、、あまり分づき米の表記が無く?白米か玄米のどちらかになっていますが、分づき米だとしたら、何分が理想的なのでしょうか?

      お手すきの時で結構です。
      またご教授下さい。
      m(_ _)m

    • 新里(管理人) より:

      きむら様、コメントありがとうございます。

      分づき米だとしたら、何分が理想的なのでしょうか?

      私は食べたことがないのであくまで推測になるのですが、おそらく普通の玄米と比べて若干栄養素が落ちる代わりに消化しやすくなっていると思いますので、「食べる人の消化能力に合わせて選んでいく」ことが大事だと思います。

      あとは「美味しいかどうか」ですね。
      こればっかりは買ってみないと分かりませんが、「美味しいかどうか」は食事療法を続けていくうえでは大事だと思います。

      参考になれば、幸いです。

      新里

トップへ戻る