そろそろ玄米が「健康食」か「不健康食」かに決着をつけようと思う

玄米の効果・効能

大腸がんの手術から、1年と3ヶ月が過ぎました。完治(再発なしで5年経過が一つの目安)まではほど遠いですが、抗がん剤治療をせずに、我ながらよくここまで来たなと思います。

「自分なりに取り組んでいることが実を結んでいる」と私自身は信じていますが、私がこれまで綴ってきた闘病記を振り返ってみると、その「自分なりに取り組んでいること」について、あまりブログで言及していないことに気づきました。

以前から「ガン治療の秘訣は、食事を中心とした生活習慣全般の改善である」と主張しておきながら、食事についてあまり言及していないのは変な気がしますし、(笑)「そのことを記事にしないで闘病記をやる意味があるのか?」という想いが少しずつでてきている今日この頃です。

ということで、今回は玄米について取り上げてみたいと思います。

玄米についての誤解

何故玄米について取り上げたかと言いますと、あまりにも誤解が多いからです。そしてその誤解の為に、体調を崩す方々や命を落とす方々が、少なからずいらっしゃいます。

よく読まれている記事

「玄米がガンに効く」という話は、ガンを患った方なら誰でも一度は耳にしていると思います。「玄米は【完全食】と言われるほど栄養豊富で、強くて若々しい体を作るには最高の食べ物である。」と、玄米ベタ褒めな意見もあります。

そして、玄米について少し勉強した方なら、「玄米食を続けていると、栄養欠乏になって衰弱していくだろう」という結論に辿り着くでしょう。

この一見両極端に見える2つの意見は、同じことを違う方向から捉えているだけで、実は言ってることはほとんど同じです。ですから、両者の意見は正しいと言えば正しいし、間違っていると言えば間違っている・・・。

つまり、どちらの意見にも一理あるので、「正」か「邪」か判定しにくい、だから「誤解」が多くなるのですね。

結論から言いますと、玄米はガンに効きます。
ガンの「予防」だけではなく、「治療」「再発予防」にも効果的です。

ただ、私がネットを見渡してみると、玄米に対する認識が間違っているが故に誤った玄米食を実行してしまい、思うような結果を残せないばかりか、かえって事態を悪化させてしまっている状況に陥っている仲間たちが散見されます。

それは、栄養学や分子栄養学・生物学の知識・知見を何も知らないにも関わらず、ガン患者さん、もしくはその家族に対して食事療法を指導する団体が存在しているからです。

教祖様の言うとおりに実行しても、残念ながらガンは良くなりません。むしろ死期を早めるでしょう。

極端で過激な食事を続けた為に、死期を早めたと思われるがん患者さんは、実際に大勢いらっしゃると思います。少しネットで検索してみれば、「家族の悲痛な叫び」に出会うことが出来るでしょう。

私は、家族の「悲しみ」と「怒り」と「恨み」が入り混じった文章を読むたびに胸が苦しくなりますが、少し残念に思うのが、「勘違いをしている」ことです。つまり、

  • 玄米の本質を知らずに玄米食をやってしまったこと、
  • その他に取り組んでいたことが、間違っていたこと、

この2つの可能性が非常に高いのに、「玄米食は危険である」と勘違いして結論付けてしまったこと。そして、そのような誤った言説を世間に広めることに貢献していることが、残念でなりません。

私は、(私と同じく)今まさにガンと闘っている方々、未来のがん患者の為に、「玄米に対する誤解」を説いておく必要があると感じました。

正しい玄米食を行えば、ガン治療や再発予防に役立てることが出来ます。

そして、ガンを克服した事例や玄米に対する良い評判が世間に広まることで、未来のがん患者は正しい知識に触れる機会が多くなるでしょう。

それが「ガンを未然に防ぐ」ことにもつながっていくかもしれない・・・。

そのような淡い期待もあって、ほとんどの方がおそらく知らないであろう「玄米の真実」について述べておこうと思い立った次第です。

玄米に関しては1年前くらいからずっと書きたかったことなんですが、その時は「知識(理論)」としては知ってるけども、「実践と経験を積み重ねて確信を得たもの」とはなっていませんでしたので、定期検査で「確かな結果」が出てから書こうと思っていました。

単なる闘病記(日記)なんで、そこまで肩肘張る必要はないのですが、やはり内容が内容なので、「出来るだけ正しい情報を提供することにこだわりたい」という想いがあります。

その意味で、今回書く内容は1年前にも書けた内容ですが、1年以上にもわたる実体験を経てきて、定期検査でも「確かな結果がでました」ので、より真実に近い内容になっていると思います。

合わせて読みたい

全てのガン患者にとって、そして健康の為に「玄米を食べようかなぁ~」と思っている方々にとって必ず参考になると思います。

相当長い文章になると思うので3~4記事くらいに分けて、【玄米シリーズ】にしようかなと思っています。主に、このような内容を書いていく予定です。

  • (1)玄米(発芽玄米)の栄養価について、効果・効能のほどは?
  • (2)玄米食を続けることで、デメリットはないのか?
  • (3)【まとめ】ズバリ!玄米はガンの治療や再発予防に効果的?
  • (4)実際に玄米を食生活に取り入れ、病気を克服した人の成功と失敗例&体験談やおいしい食事レシピなど
  • (5)どの玄米がおすすめ?私も食べている発芽玄米の紹介と、ガン腫瘍抑制効果が上がるマル秘調理法

で、主にこの記事で話すのは(1)です。具体的には下記のようなことを解説する予定です。

目次

  1. そろそろ玄米が「健康食」か「不健康食」かに決着をつけようと思う
  2. 玄米の栄養成分
    1. 玄米は「完全食」と言えるのか?
    2. 主食は少なく、おかずは多く
    3. 白米と比べて約8倍も食物繊維が含まれている
  3. 食物繊維より強力な解毒効果を持つ!フィチン酸
    1. フィチン酸が体内に堆積した放射性物質を排除してくれる
    2. 体に良いものを摂り入れることよりも、「どんどん出す」ほうがいい
  4. 玄米にまつわる不思議な話
    1. 【妄想乙】玄米のおかげでパチスロで負けなくなった(笑)
  5. 玄米食には減量(ダイエット)効果があり、しかもリバウンドしにくい
    1. 芸能人もやってた玄米ダイエット、その中身をチェックしてみた
  6. 玄米は副作用のない天然の抗がん剤
    1. RBF(Rice Bran F)が、がん細胞にアポトーシス(自己死)をもたらす
    2. 「大人しいガン」と「凶悪なガン」は、一体なにが違うのか?
    3. RBA(Rice Bran A)α-グルカンが、免疫力を活性化させ、ガン細胞を殺す
    4. 抗がん剤に匹敵するような抗がん活性があり、しかも副作用はない
    5. 玄米由来の抗がん剤が開発されなかった理由
    6. RBFやRBAを摂取するには、「玄米の炊き方」にコツがいる
    7. ちょっとした誤解
    8. フィチン酸が、大腸がんをはじめ様々なガンの発生を抑える
    9. 抗がん剤治療を受けている方は、サプリメントでフィチン酸(IP6)を摂るべき
    10. 緑茶との併用で、驚異的な抗酸化作用&抗がん作用を発揮する
  7. 【まとめ】私が知る限りの玄米食のメリット
    1. あとがき

ざっと眺めれば、なんかふざけた項目がありますが、まぁそれはネタ的なものなので、あまり気にする必要はありません。(笑)

また、「健康か不健康か、決着をつけよう」と言っておきながら、項目を見ると明らかに良い話に偏っています。これは、今回は玄米の良いところだけを取り上げているだけです。

次回は悪いところだけを取り上げる予定ですので、興味があればお読みいただければと・・・。

5年以上再発なしのガン患者が明かす!玄米食のデメリットとは?
こんにちは、この記事は玄米シリーズの第2作目です。前回は玄米の良いところばっかり書きましたが、今回は悪いところを取り上げてみます。 ...

また、玄米について理解を深めていただこうという意味を込めて、シリーズを通して内容が重なる部分もあるかと思いますが、あまり気にせず読んでいただけたらと・・・。

ではでは、やっと今回の内容に入りたいと思います。

コメント

トップへ戻る