50年後に日本人が消える理由

次世代を担う者

こんにちは、新里です。

「タンパク質の冤罪シリーズ」も、いよいよこの記事で最後となります。

最後まで読んでくれた方々がどれだけいらっしゃるのか分かりませんが、このシリーズの内容は、私が大腸がん手術後から様々な回り道をしながら辿り着いた「現時点での健康の結論」みたいなものです。

私がこの約2年間で分かったことは、「健康や病態改善の基本は、新陳代謝を高めること」でした。

特殊な病気を除き、ほとんどの慢性疾患においては新陳代謝を高めながら、良い材料(タンパク質など)を十分に補給することで治癒に向かっていきます。

薬を飲もうがサプリを飲もうがご飯を食べようが、結局やっていることは全て同じで、要は「新陳代謝している」というだけのことなのです。

新陳代謝を高めるには、基本的には2つです。
シリーズを通して説明してきたので概要だけ述べますが、1つ目は「タンパク質をはじめとした良質な栄養素を摂ること。」2つ目は「定期的に運動を行うこと」です。

栄養摂取は体の部品を作り、運動は体の部品を壊します。

「作る」「壊す」「作る」「壊す」・・・。

これがきちんと交互に行われるから健康が保たれるのです。しかし、

「作る」、「作る」、「作る」、「作る」・・・。

「壊す」、「壊す」、「壊す」、「壊す」、「壊す」・・・。

体内でこんなヘンテコな反応が起こっている、もしくは反応が停滞気味になっているのが疾患を抱えている人です。

「作る」「壊す」・・・。この2つの反応がリズミカルに、交互に行われるようにすることで、疾患が改善に向かっていくと思います。

前回の記事では「沖縄県民に生活習慣病が増えている原因」を探っていきましたが、その原因を一言で言ってしまうと、この2つのリズムが狂っていることに尽きるのです。

前回の記事の最後のほうでは、生活習慣病の2つの原因のうち、1つは「運動不足である」と言いました。つまり、「壊す」の部分がきちんと機能していないのですね。

では、もう1つの原因はなんでしょうか?これが今回の記事のメインの話になりますが、それは「作る」の部分がうまく機能していないことです。もっと言えば、

現代の10代から40代の働き盛りの若い人達、とりわけ小学校低学年生に、「作る」「壊す」などの新陳代謝機能に「遺伝的異常」を持っている方々が増えているのです。

生活習慣が原因で「作る」「壊す」が狂ったのではありません。生まれたときから狂っている人が増加しているのです。

その異常度が比較的軽めな人も多いので、30代や40代になって、はじめて気づく人が多いのです。

知的障害や発達障害は、本人や本人の親が気づかないまま大人になっていくこともあるんですか?それと、障害があるかどうかの調べ方は、病院で道具かなんかを使って検査して~~という物質が足りてないみたいに はっきりとわかるものなのか、それとも本人の行動や喋り方などを見て医者が判断するんですか? 高機能自閉症&ADHD持ちです。発...

ここからは、そのような遺伝的異常を持つ人が増えている原因について解説します。これが(私の考える)生活習慣病が増えている2つ目の原因です。

コメント

  1. エコー より:

    素朴な疑問。
    日本がメタボ対策で食うなと号令するのは、昔より運動量が減ったので、減った分減らしましょうということでは?運動量増やしたくても、体を動かす時間がとれないほど働いてるので、なら摂取量を減らさないと。そういう考え方による号令では?煙草休憩に目くじらを立て、さらにはトイレに立つ回数まで制限するような世の中、しかも副業までさせようとしてますから、ちょこちょこ動くはさらに無理になるんじゃ。
    また低体重については、子供自身に異常があってつわりという形で母体に現れたり早産になったりするという説があります。さらにこの低体重児=異常ありのなかには、たぶん同い年の私や新里さんの子供の頃、ギリギリ昭和ですらまだ救えなかった体重が含まれる。女性の痩せ願望と結びつけるには、つわりの有無と早産での低体重なのか月満ちて低体重なのかで比較しないと足りないと思います。つわりなしか短期間で済んだが低体重であったという場合でないと、ダイエットとの因果は説明できない。

    ちなみに私は生まれる前あたりまでつわりをおこして食べられず、身長ふつうで2800gで生まれノー遺伝でガン闘病中ですorz一族探してもだれもなったことないし研究もされてない激レアです。胃なら親の従兄弟に一人だけいるんだけど(^^;

    • 新里(管理人) より:

      エコー様、コメントありがとうございます。

      日本がメタボ対策で食うなと号令するのは、昔より運動量が減ったので、減った分減らしましょうということでは?

      運動量増やしたくても、体を動かす時間がとれないほど働いてるので、なら摂取量を減らさないと。そういう考え方による号令では?

      「食うな」とは号令していないです。
      野菜や果物の摂取については、むしろ推奨している傾向があります。

      メタボ対策としての保健指導は、
      検診データに基づき、個人にとって適切なアドバイスをします。
      ですから、人によっては「食え」とアドバイスすることもあり得ます。

      ただ、世の中が便利になって体を動かす機会が少なくなったのは
      間違いないと思います。

      煙草休憩に目くじらを立て、さらにはトイレに立つ回数まで制限するような世の中、しかも副業までさせようとしてますから、ちょこちょこ動くはさらに無理になるんじゃ。

      世知辛い世の中になってきていますよね・・・。

      世の中の変化は早いけれども、人間の生物(いきもの)としての体質の変化は相当遅い。つまり、時代の変化に体が追いついていないから病気になるのだと思います。

      仰るように運動する時間がなかなかとれないのかもしれませんが、
      創意工夫できる余地はあると思います。

      また、「忙しすぎて運動する時間がとれない」という状況は、
      もう少しで改善されます。

      やがて人工知能や機械が人間の仕事を代替するようになりますので、
      それによって私達の時間が余ります。
      余った時間を、趣味や運動に使えばいいと思います。

      また低体重については、子供自身に異常があってつわりという形で母体に現れたり早産になったりするという説があります。

      その説は知りませんでした。あとで調べてみます。

      1つ疑問なのは、「なぜ子供自身に異常があるのか?」についてです。
      これも「母体の栄養状態」が関係している可能性があるかもしれません。

      女性の痩せ願望と結びつけるには、つわりの有無と早産での低体重なのか月満ちて低体重なのかで比較しないと足りないと思います。つわりなしか短期間で済んだが低体重であったという場合でないと、ダイエットとの因果は説明できない。

      この記事では、

      「低体重出生児が生まれてくる原因は、女性の強い痩せ願望にある。特に日本の女性はその傾向が強いので、次世代の健康状態が非常に危惧される」

      などと発言している海外の専門家の発言を紹介しましたが、
      もう少し正確に言えば、「母体の低栄養状態」が問題なのです。

      痩せ願望やダイエットが低体重児を引き起こしているのではなく、
      「母体の低栄養状態」が低体重児を引き起こしているのです。

      しっかりご飯を食べて、適度に運動もしているおかげで
      スリムな体型を維持している方もいらっしゃいます。

      このような方は低栄養状態ではないでしょうから、
      低体重出生児が生まれてくる確率は低いでしょう。

      もちろん、この記事でも述べているように、男性側にも問題がある
      可能性は大いにあると思います。一人では妊娠できませんからね(笑)。

      ちなみに私は生まれる前あたりまでつわりをおこして食べられず、身長ふつうで2800gで生まれノー遺伝でガン闘病中ですorz一族探してもだれもなったことないし研究もされてない激レアです。胃なら親の従兄弟に一人だけいるんだけど(^^;

      私に負けず劣らず、優秀(?)な遺伝子をお持ちのようですね(笑)

      ただ、「生活習慣は遺伝を凌駕する」というのが私の信念ですし、
      今のところは再発していませんから、頑張ればなんとかなるんじゃないかと思います。

      お互い、遺伝を超えましょうね。

      新里

トップへ戻る