50年後に日本人が消える理由

次世代を担う者

こんにちは、新里です。

「タンパク質の冤罪シリーズ」も、いよいよこの記事で最後となります。

最後まで読んでくれた方々がどれだけいらっしゃるのか分かりませんが、このシリーズの内容は、私が大腸がん手術後から様々な回り道をしながら辿り着いた「現時点での健康の結論」みたいなものです。

私がこの約2年間で分かったことは、「健康や病態改善の基本は、新陳代謝を高めること」でした。

特殊な病気を除き、ほとんどの慢性疾患においては新陳代謝を高めながら、良い材料(タンパク質など)を十分に補給することで治癒に向かっていきます。

薬を飲もうがサプリを飲もうがご飯を食べようが、結局やっていることは全て同じで、要は「新陳代謝している」というだけのことなのです。

新陳代謝を高めるには、基本的には2つです。
シリーズを通して説明してきたので概要だけ述べますが、1つ目は「タンパク質をはじめとした良質な栄養素を摂ること。」2つ目は「定期的に運動を行うこと」です。

栄養摂取は体の部品を作り、運動は体の部品を壊します。

「作る」「壊す」「作る」「壊す」・・・。

これがきちんと交互に行われるから健康が保たれるのです。しかし、

「作る」、「作る」、「作る」、「作る」・・・。

「壊す」、「壊す」、「壊す」、「壊す」、「壊す」・・・。

体内でこんなヘンテコな反応が起こっている、もしくは反応が停滞気味になっているのが疾患を抱えている人です。

「作る」「壊す」・・・。この2つの反応がリズミカルに、交互に行われるようにすることで、疾患が改善に向かっていくと思います。

前回の記事では「沖縄県民に生活習慣病が増えている原因」を探っていきましたが、その原因を一言で言ってしまうと、この2つのリズムが狂っていることに尽きるのです。

前回の記事の最後のほうでは、生活習慣病の2つの原因のうち、1つは「運動不足である」と言いました。つまり、「壊す」の部分がきちんと機能していないのですね。

では、もう1つの原因はなんでしょうか?これが今回の記事のメインの話になりますが、それは「作る」の部分がうまく機能していないことです。もっと言えば、

現代の10代から40代の働き盛りの若い人達、とりわけ小学校低学年生に、「作る」「壊す」などの新陳代謝機能に「遺伝的異常」を持っている方々が増えているのです。

生活習慣が原因で「作る」「壊す」が狂ったのではありません。生まれたときから狂っている人が増加しているのです。

その異常度が比較的軽めな人も多いので、30代や40代になって、はじめて気づく人が多いのです。

知的障害や発達障害は、本人や本人の親が気づかないまま大人になっていくこともあるんですか?それと、障害があるかどうかの調べ方は、病院で道具かなんかを使って検査して~~という物質が足りてないみたいに はっきりとわかるものなのか、それとも本人の行動や喋り方などを見て医者が判断するんですか? 高機能自閉症&ADHD持ちです。発...

ここからは、そのような遺伝的異常を持つ人が増えている原因について解説します。これが(私の考える)生活習慣病が増えている2つ目の原因です。

コメント

  1. へべれけ より:

    徳川政権が鎖国を始めたとき、東南アジアには多数の日本人町があり繁栄していたが、明治の世になって再び日本人が進出を始めた頃には跡形も無かった。それは日本人の肝臓が他人種に比べて半分しかなく、病気に弱かったからという説を読んだことがあって、それを思い出しました。

    • 新里(管理人) より:

      へべれけ様、コメントありがとうございます。

      日本人は肝臓が小さいんですね!興味深いです。

      肝臓や腎臓は解毒を司る器官ですが、他人種と違ってそれが発達していないということは、解毒する機会が少なかった。つまり、日本は島国だからウイルスや感染症などの伝染病が渡ってくる危険が少ないうえに、日本国土には毒性を帯びるものが元々少なかったと考えることも出来るかもしれませんね。あくまで推測ですが・・・。

      日本人がサッカー観戦でブラジルやヨーロッパに渡ったとき、現地の食べ物を食べてお腹を壊す人が多いのも、海外の人と比べて解毒機能が弱いからかもしれません。逆のパターンはあまり聞きませんからね。日本食を食べてお腹を壊したり、体調を崩した外国人の話などなど・・・。

      私は食生活には気をつけていますが、同時に「体に悪そうなもの」定期的に取り入れるように心掛けています。解毒機能を鍛える意味合いもありますし、体に良いものと悪いものを両方取り入れないと、味覚などの体のセンサーが鈍って、「本当に体に良いものかどうか」の見分けがつかなくなるんですね・・・。

      「体に良いもの」というのは、そのときのその状態によって変動していきます。
      「今は糖分が必要だ」とか「少しタンパク質が足りていない」とか・・。「適度に毒を取り入れる経験」をしてくると、なんとなく分かってくるんですね。

      そういうことが分かっていないと、健康というのは実現できないのではと考えています。「糖質制限」とか「ゲルソン療法」などの食事療法は、あくまで期間限定の話であり、体質が改善されてきたら、その体質・その時のコンディションにあった食事メニューに切り替えていく必要があると私は考えています。「運動」にも同様な事が言えると考えています。

      新里

トップへ戻る