50年後に日本人が消える理由

次世代を担う者

こんにちは、新里です。

「タンパク質の冤罪シリーズ」も、いよいよこの記事で最後となります。

最後まで読んでくれた方々がどれだけいらっしゃるのか分かりませんが、このシリーズの内容は、私が大腸がん手術後から様々な回り道をしながら辿り着いた「現時点での健康の結論」みたいなものです。

私がこの約2年間で分かったことは、「健康や病態改善の基本は、新陳代謝を高めること」でした。

特殊な病気を除き、ほとんどの慢性疾患においては新陳代謝を高めながら、良い材料(タンパク質など)を十分に補給することで治癒に向かっていきます。

薬を飲もうがサプリを飲もうがご飯を食べようが、結局やっていることは全て同じで、要は「新陳代謝している」というだけのことなのです。

新陳代謝を高めるには、基本的には2つです。
シリーズを通して説明してきたので概要だけ述べますが、1つ目は「タンパク質をはじめとした良質な栄養素を摂ること。」2つ目は「定期的に運動を行うこと」です。

栄養摂取は体の部品を作り、運動は体の部品を壊します。

「作る」「壊す」「作る」「壊す」・・・。

これがきちんと交互に行われるから健康が保たれるのです。しかし、

「作る」、「作る」、「作る」、「作る」・・・。

「壊す」、「壊す」、「壊す」、「壊す」、「壊す」・・・。

体内でこんなヘンテコな反応が起こっている、もしくは反応が停滞気味になっているのが疾患を抱えている人です。

「作る」「壊す」・・・。この2つの反応がリズミカルに、交互に行われるようにすることで、疾患が改善に向かっていくと思います。

前回の記事では「沖縄県民に生活習慣病が増えている原因」を探っていきましたが、その原因を一言で言ってしまうと、この2つのリズムが狂っていることに尽きるのです。

前回の記事の最後のほうでは、生活習慣病の2つの原因のうち、1つは「運動不足である」と言いました。つまり、「壊す」の部分がきちんと機能していないのですね。

では、もう1つの原因はなんでしょうか?これが今回の記事のメインの話になりますが、それは「作る」の部分がうまく機能していないことです。もっと言えば、

現代の10代から40代の働き盛りの若い人達、とりわけ小学校低学年生に、「作る」「壊す」などの新陳代謝機能に「遺伝的異常」を持っている方々が増えているのです。

生活習慣が原因で「作る」「壊す」が狂ったのではありません。生まれたときから狂っている人が増加しているのです。

その異常度が比較的軽めな人も多いので、30代や40代になって、はじめて気づく人が多いのです。

知的障害や発達障害は、本人や本人の親が気づかないまま大人になっていくこともあるんですか?それと、障害があるかどうかの調べ方は、病院で道具かなんかを使って検査して~~という物質が足りてないみたいにはっきりとわかるものなのか、それとも本人の行動や喋り方などを見て医者が判断するんですか?

ここからは、そのような遺伝的異常を持つ人が増えている原因について解説します。これが(私の考える)生活習慣病が増えている2つ目の原因です。

コメント

  1. たんご3兄弟 より:

    最近の研修で、生活習慣病胎児期発症説が取り上げられていました。日本人の出体重は年々下がり、とうとう男児も3,000グラムを下回り、東アジアで唯一のことだそうです。それを非常にピンチと講師の先生がおっしゃっていました。というのはやはり、寿命に影響することが分かってきたからとのことで、インドやパキスタンなどの新興国は出生体重の平均が2,300g程だが、45歳くらいで亡くなってしまい、結果働き盛りが少なくなり国の力が弱くなるとのことでした。栄養失調状態は自分自身の食べ方を見ても実感します。妊婦さんに必要な栄養とバランスをお伝えする時、3食で満たすのは難しいので間食は、スイーツより栄養素のある食品を摂るようお勧めしてますが、生活習慣病胎児期発症説には触れておらず、新里さんが書かれたように妊婦さんだけのせいという風に浸透してほしくないという思いがありまます。ただ、早産や低出生体重が学習障害や将来の生活習慣病のリスクになることは、母子健康手帳に(沖縄県の)載っているので、ページを見せながら伝えるようにしています。今回の記事で、妊娠期のパートナーの在り方に非常に賛同します。以前考え方が栄養代謝に影響するという内容の記事を記憶してますが、つながるなぁと思いました。
    私が携わる仕事でできること、職能を発揮するところを考えるとき、新里さんの考え方、情報の見方や分析がとても勉強になります。これからも参考にさせてください。

    • 新里(管理人) より:

      たんご3兄弟様、勉強になるコメントをありがとうございます。

      インドやパキスタンのお話は、非常に参考になりました。

      「医療技術の発達により、人間は(良くも悪くも)死ねなくなる」と、単純に私は考えていたのですが、世の中が便利になり過ぎて体を動かす必要がなくなり、それによって必然的に食事量が少なくなれば、(生活習慣病に罹りやすくなるだけではなく)結果的に寿命が短くなる可能性があるわけですね。

      個人の能力の約6割は、遺伝的に決まっている

      という、脳科学の知見もあります。

      これと「生活習慣病胎児期発症説(胎児プログラミング説)」の話を合わせて考えると、「その子の人生の6割は、受精の段階で決まる」と言っても過言ではありません。
      であれば、母体の健康だけではなく、男性側の健康も同じように重視されるべきだと思います。

      「本当の妊活」とは、妊娠する1年前から(男女ともに)行われるべきものであると考えています。
      決して「妊娠しやすいカラダづくり」という観点だけで見るのではなく、男性側も巻き込んだうえで「子供が幸せに生きる為の能力形成」という観点で行うべきものです。

      私と結婚する(変わり者の)女性がいるかどうかは分かりませんが(笑)、もしいるとしたら、このことを小一時間ほど説明したうえで、子育てについて、二人でじっくりと考えると思います。

      ・自然豊かな土地に引っ越すか
      ・どの学習塾に入れ、どのような習い事をさせるか

      そんなことより、はるかに重要な話だと思います。

      私が携わる仕事でできること、職能を発揮するところを考えるとき、新里さんの考え方、情報の見方や分析がとても勉強になります。これからも参考にさせてください。

      こちらこそ、よろしくお願いします。

      たんご3兄弟様は、産婦人科で働いているのでしょうか?
      この分野に関しては非常に興味がありますので、もし新しい知見がありましたら、
      是非ともご教授頂きたいと思っています。

      もし許されるのであれば、今回頂いたコメント内容の要点を、記事中に【追記】したいと思っているのですが、
      構いませんでしょうか?

      ご返答頂けますと、幸いです。

      新里

トップへ戻る