食物繊維より強力な解毒効果を持つ!フィチン酸

玄米にはフィチンという物質が含まれており、そのフィチンが体内に入ると、化学結合が取れてフィチン酸になります。

フィチン酸は、農薬、化学肥料、食品添加物などの化学物質、または水銀や鉛などの有害重金属等の「体内に存在するあらゆる毒物」と結合して体外に排出する働きがあります。これを「キレート作用」と言います。

食物繊維も「体の掃除屋さん」と呼ばれるように体内の老廃物を排出する働きがありますが、フィチンはその比ではありません。食物繊維の強力版と考えたほうがいいでしょう。

特に水銀や鉛のような「骨や内臓にまで浸み込んでしまってなかなか排出されない毒物」にも効果があることが分かっていて、フィチン酸を用いた治療法(キレート療法)が確立されています。

それくらいフィチン酸には強力な解毒作用があるということですね。

参考:IP-6 & Inositol (IP-6イノセル) - ナチュラルキラー細胞を活性化し、がん細胞の増殖を阻止するサプリメント

トップへ戻る