久々の玄米ネタと野菜の正しい食べ方について

こんにちは、新里です。今回は久しぶりに玄米ネタをば・・・。

以前「玄米シリーズ」と題して、玄米に関する記事をいくつか書きました。

それで「玄米に関しては、ある程度語り尽くしたのかな・・・。」と思ってたのですが、ある方の指摘により「解説していない部分がある」ことに気づき、慌てて玄米シリーズの補足記事を書こうと思った次第です。

それに加え、色々と思うこともあり、「もしかして、玄米食はいらないかもしれない・・・。」と、思うようになりました。

いや、私個人は玄米が美味しいのでこれからも食べ続けるでしょうが、健康に関心がある方でも「どうも玄米は好きになれないな・・・。」という方々は結構いらっしゃると思うんです。

そのような方達には、きっと興味深い話となるでしょう。

ただ、私が大腸がんの再発を抗がん剤治療なしで4年半防げてきているのは、ずっと玄米食を続けてきたおかげなのかもしれません。

そういう思いもありますので、今回の記事はあくまで参考程度、暇つぶし程度に読んで頂けたらと思います。

コメント

  1. 尾崎恵美子 より:

    玄米食について調べていくうちにこちらのサイトにたどりつき、興味深い記事がたくさんあり、いっきに読みふけりました。
    ご自身やご両親の身体のことですから、納得がいくまでお調べになりご自身で試してみられてブログ記事にされたことと想像しております。
    おいしい玄米粉が手軽かつコスト面でも私には最良かと思い、早速購入し飲んでみました。まだ3日目ですが、頭痛とだるさが一日中続きます。またお腹に赤い発疹もできてしまいました。
    これは玄米粉のせいかとまたまたネット検索でいろいろなサイトを読んでおりますと、玄米食での好転反応だとか、いや、それは身体に合っていないのだ、玄米に含まれている毒素のせいだとか、いろいろな記事があり、だんだんわからなくなってしまいました。もう少し様子をみるつもりですが…
    長い前置きとなりましたが、おいしい玄米粉についてご意見をお伺いいたしたく、コメントさせていただきました。
    おいしい玄米粉は原材料が「脱脂糠」とあり、玄米を粉にしたものではないのかも…と思ってしまったのですが、IP6が摂取できれば玄米を食べずして、手軽に玄米食のメリットを享受できるということでおすすめされていると思って良いですか?
    おかげさまで私は健康体で特に病院通いをしているわけではなく、単にがん予防など健康維持を目的として玄米食を考えているのですが。もちろん、これだけ食べていれば、飲んでいれば、それでオッケーという食品などないと思っています。
    相乗効果という考え方に賛同しています。
    玄米を炊いて食べるに越したことはないのでしょうが、ズボラして健康にと思っている私にとっておいしい玄米粉は大変魅力ではあるのです。
    ただ、玄米を粉にしたもの、と脱脂糠とに大きな違いはないと思われますか?
    お時間のあるときで構いません。ご意見をお聞かせください。よろしくお願いいたします。

    • 新里(管理人) より:

      尾崎様、コメントありがとうございます。

      まだ3日目ですが、頭痛とだるさが一日中続きます。またお腹に赤い発疹もできてしまいました。

      これは玄米粉のせいかとまたまたネット検索でいろいろなサイトを読んでおりますと、玄米食での好転反応だとか、いや、それは身体に合っていないのだ、玄米に含まれている毒素のせいだとか、いろいろな記事があり、だんだんわからなくなってしまいました。もう少し様子をみるつもりですが…

      まれにそういう方がいらっしゃるようです・・・。
      読者の方にも何人かいらっしゃいました。

      おそらく、そういう方は体質的に合わないのだと思います。

      好転反応という概念は医学的に定義されているわけではありませんが、
      そういう現象はたしかにあると感じています。

      治癒やデトックスの過程で生じる一種の不快反応だと考えています。

      しかし、それが本当に好転反応なのか、あるいは単にアレルギー反応を
      起こしているのかの判断は、かなり難しいと思います・・・。

      たぶん、医者でも分かりません。
      日頃から体の反応に意識を向けている人でないと、

      「あ、これは悪くない反応だな」
      「あ、これはしばらくすると好転する反応だな」

      などの判断(推測)をすることが出来ません。

      一応、私のアドバイスとしては、しばらく様子を見ることですね。
      好転反応であれば、少しずつ症状が収まってくるはずです。
      そうでない反応だと、そのまま症状が続くか、徐々に悪化していくと思います。

      安全をとって、やめてしまうのも手です。

      おいしい玄米粉は原材料が「脱脂糠」とあり、玄米を粉にしたものではないのかも…と思ってしまったのですが、IP6が摂取できれば玄米を食べずして、手軽に玄米食のメリットを享受できるということでおすすめされていると思って良いですか?

      玄米を粉にしたもの、と脱脂糠とに大きな違いはないと思われますか?

      大きな違いかどうかは分かりませんが、「違い」はあると思います。

      ただ、以前メーカーさんに確認したことがあるのですが、
      「IP6やフィチンが、良いバランスで含まれている」とおっしゃっていました。

      もちろん、きちんと含まれていることが1番重要なのですが、
      体内で効果を発揮しやすいバランスで含まれているのも重要ですので、
      非常にコスパの高い商品だと思います。

      玄米を炊いて食べるに越したことはないのでしょうが、ズボラして健康にと思っている私にとっておいしい玄米粉は大変魅力ではあるのです。

      この考え方は大切だと思います。

      ガンを治すのに、美容や健康を手に入れるのに、
      時間をかけてはいけないと思うんですよね。
      人生には、ほかに時間をかけるべきところがあると思うんです。

      ズボラな人でもガンを完治させ、美容や健康を手に入れ、
      楽しいことに時間を使えるような生活スタイルを、
      今後は考えていきたいと思っている今日この頃です。

      他に何か質問がございましたら、遠慮なくコメントを下さいませ。
      今後とも、よろしくお願いします。

      新里

    • 匿名 より:

      新里様
      ご丁寧なお返事ありがとうございます。
      嬉しいことに不快な症状はその後徐々になくなってきました。おいしい玄米粉を続けていけそうな気がしています。
      「玄米を食べなかったら健康になれないということもない」という言葉も私には響きましたし、色々なことに縛られすぎないことも大切なのかなと思っております。
      新里様の未来には楽しいこと、幸せなことがたくさんありますよう、今後もますますご活躍されますこと、こころよりお祈りしております…

トップへ戻る