良質なサプリメントで、タンパク質を十分に補う

肉は消化に負担がかかりますから、病気療養中の方はたくさん食べるのは控えたほうがいでしょう。しかし、そういう方こそ多量のタンパク質が必要なのも事実です。以前の記事でも書きましたが、

普通の生活をしているような人であれば、体重1kg当たり1g、ハードな筋トレをしているような人なら2g、大きな怪我や精神的ストレスを抱えている場合は、2~2.5g必要です

ですから、これを全部食事で補おうとするとかなり大変です。

以前、「成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣 (講談社プラスアルファ新書)」という本を紹介しましたが、その著者である姫野友美さんによれば、普通の健常者が1日に必要なタンパク質の量は、食事に換算するとこれだけ必要らしいです・・・。(^^;

一日に必要なたんぱく質量を食事に換算すると、こんな感じ

これは、「健康な成人男性が、1日3食の食べ物の中からタンパク質量を摂取しようとすると、これくらい食べる必要がある」という意味です。

因みに、女性の場合も男性と比べて数グラムしか必要摂取量は変わりません。妊娠したら、むしろ男性より多くのタンパク質を摂取しなければいけません。

しかも、この量は健康な人の場合ですから、病気療養中の方はこれの倍近く食べないといけません。

しかし、それはあまり現実的とは言えません。仮にそれだけ食べられる余裕があったとしても、これらの食べ物は消化に負担のかかるものが多いですし、病気療養中の方は、本来免疫細胞にエネルギーを向けるべきなのに、消化で過剰なエネルギーを浪費するのはナンセンスです。

私が愛用しているプロテイン

ということで、私はプロテインサプリを利用しています。本当は「1番質が高い」と個人的には思っているダグラスラボラトリー社のサプリ(プロテイン)を摂ったほうがいいのでしょうが、あそこのサプリは高いんですよね・・・。(^^;

UPXといくつかのサプリをあそこから買うと、もうそれだけで結構な金額になってしまうので、(汗)市販のやつを選ぶことにしました。こういうのは毎日続けないと意味がないですからね・・・。

プロテインを飲み始めてからの実感なんですが、以前と比べて質の良い筋肉がついている気がします。

あくまで私の実感なのですが、筋トレをしてても以前と比べて瞬発力&持久力がついたし、筋肉の成長スピードそのものが上がっているし、ウォーキングやジョギングをしててもほんとに疲れなくなりました。疲れたとしても、数時間休めば元通りになります。いくら遊んでも疲れない・・・。子供の頃のあの状態です。(笑)

私のほとんどつぶやかないツイッター(笑)では、ウォーキングの時にiPhoneの万歩計アプリで「何時間、何km、何歩歩いたか?」をツイッターとの連携で投稿されるように設定しています。

それを見ると分かりますが、私は少なくても2時間以上、多い時には5時間くらい歩きます。もちろんぶっ続けではなく、友達とウインドショッピングをしたり、穴場のお店を見つけては食べ歩きをしています。(まるで女の子です 笑)

私は人体実験も兼ねてあえてそのようなことをしているので、真似しないほうがいいと思うのですが、(笑)それくらいの体力はつきました。

体重も、それくらい運動してるのなら普通は痩せてきそうなものですが、数ヶ月で5~6kgも増えました。これはプロテインを摂取し始めてから変わりましたから、明らかにプロテインの効果だと思います。

トップへ戻る