緑茶のがん予防効果

番組の内容を簡単に紹介したいと思います。

がんにも効果あり!?緑茶

人口10万人以上の市や区のがん死亡率ランキングを見てみると、面白いことがわかりました。

がんの死亡率が低い町には、同じ特徴を持つ町が多かったのです。

例えば、上位15位に含まれる、静岡県の藤枝市や磐田市、浜松市、埼玉県所沢市、三重県の津市や鈴鹿市、鹿児島県の鹿屋市。

じつは緑茶の生産地なんです。
男女それぞれ、上位の15市区のうち7つの市区がお茶の産地でした。
しかも、これらの産地は、普段使いのお茶の産地なんです。

手軽にたくさん飲める環境に加え、日常使いのお茶には健康成分の面でも特徴があるといいます。

高級茶の栽培ではうま味成分「テアニン」を増やすため、できるだけ日光を浴びさせずに栽培されることが多いといいます。

それに比べ、日常使いのお茶は、日光をたっぷりと浴びさせて栽培します。
テアニンは日光を浴びると、健康効果の高いカテキンへと変化します。

つまり、日常使いのお茶は、健康成分、カテキンをたっぷりと含んだお茶であり、様々な健康効果につながるのではないかと考えられているのです。

※緑茶のがん予防効果については、効果ありという研究と、効果無しという研究があり、まだはっきりしていません。ただし、お茶をたくさん飲む掛川市でがん死亡率が日本一低いことは事実です。
現在、研究が続けられている掛川市での大規模調査でお茶にがん予防効果があることが明らかになるのではと、期待されています。

出典:お茶!がん死亡率激減!?超健康パワーの裏ワザ : ためしてガッテン – NHK

お茶に含まれるカテキンには抗酸化作用がありますし、ガン予防の効果があることは、ヒトを対象とした臨床試験でも示されています。

カテキンを含む緑茶をよく飲んでいる人は、食道がん、膀胱がん、膵がん、乳がん、子宮頸がん、胃がん、卵巣がんなどに罹るリスクが低いそうです。ただし、大腸がんに関しては効果が示されてないっぽい(´・_・`)

上記の参考リンクに書いてあることは勉強済みだったので、特に目新しいことはなく、「おー、やっぱり効果あるんだな。」くらいは思いましたが、私が衝撃を受けたのは、この番組で登場してきた高齢者の方々です

トップへ戻る