私は相当無駄をしていたのかもしれない・・・。

ファイトケミカルについて勉強を始めたとき、真っ先に思ったのは「自分は野菜や果物を相当無駄にしていたのかもしれない・・・。」という後悔にも似た気持ちでした。

というのも、私はジューサーで大量の作物を搾って飲んでいるのですが、この記事で解説した理論が正しいとすれば、私は毎回搾る野菜や果物の、ほんの1割程度の「ビタミン」「ミネラル」「ファイトケミカル」しか摂取していないことになります・・・。

それでも私の経過が良いのは、非効率な栄養摂取をカバーするほどの大量のジュースを飲んでいたからかもしれません。1日3リットル飲んでいましたから・・・。もちろん「組み合わせの効果」もあると思います。

しかし煮汁なら、1日1リットル以下で済むかもしれません。

私の父はもう年ですから、そんなにたくさんのジュースを飲めるわけではないので、野菜の煮汁(ファイトケミカルスープ)を活用すればとても楽になります。

アクの強い野菜は、1回アク抜きをしたほうがいいでしょう。いや、むしろアクの強い作物はファイトケミカルスープには向かないかもしれません。私は試していますが・・・。

果物中に含まれるファイトケミカルを摂るなら、果物の煮汁を頂いたほうがいいのでしょうが、果物の煮汁は非常に不味いので(苦笑)ジュースを作るときは果物中心にし、野菜スープ(煮汁)を作るときは野菜中心にしています。

本当は果物もぐつぐつと煮込んだほうがいいのでしょうが、不味いものは続けられません。効果・効能を考えると100点満点でも、それがクソ不味ければ3日坊主で終わりでしょう。

ですから、ベストよりもベター、100点よりも80点、場合によっては70点でもいいので「これなら私でも続けられる!」と思えるものを食事療法として選択すべきだと思います。

ファイトケミカルたっぷりの「野菜の煮汁」は、その選択肢の1つになれると思います。少しでも参考になれば、幸いです。

このブログの運営は、皆様の「支援」によって成り立っています。

ご支援のお願い
私が目指しているもの

コメント

  1. yuri より:

    野菜果物ジュースについてですが、かなり無駄なことをしていたと後悔されたのですね。
    ブログを読めば理解できます。自分が実践していたことが違っていたと気づいて訂正することは本当に誠実です。でも私は何種類かのジュースをほぼ毎日飲むのがおいしくて楽しみでもあるのです。しばらく続けたいですね。新里さんがいまお元気なのも無駄ではなかったと思いたいです。私は勉強家ではないので自分のこれが良いという直感に頼ってる部分がほとんどなのでどうなのか・・・
    新里さんのブログでいろいろ勉強させてもらいます。

    • 新里(管理人) より:

      yuri様、コメントありがとうございます。

      かなり無駄なことをしていたと後悔されたのですね。

      そうですね。話の流れ上、そのように書きましたが、
      仰るように、私は大量の野菜ジュースを浴びるように飲んできたのは事実ですので、
      それが良い結果をもたらした可能性もあります。

      大量の野菜ジュースの摂取が良いのか、野菜スープ(煮汁)のほうが良いのか、
      最終的な結論を出すためには、たくさんの人が試してみて結果を分析する必要があるので、
      もう少し時間が必要でしょうね。

      参考になれば、幸いです。

      新里

トップへ戻る