白米と比べて約8倍も食物繊維が含まれている

「便秘解消には食物繊維!」とよく言われますが、玄米には食物繊維が豊富に含まれています。ですので、便秘気味の方には玄米食はおすすめです。

私が大腸がんになったのをきっかけに、我が家では主食を白米から玄米に変えましたが、父が何十年もの間悩んでいた慢性便秘が、1~2週間程で治ってしまいました。

オリゴ糖とかヨーグルトとか色々なものを試していたのですが、全然よくならなかったのです。

よくお腹が張って苦しがっている父を見ていたので、「可哀想だな・・・。」と思っていたのですが、それが数週間で治ったのを父から聞いた時、さすがにびっくりしました。他の健康食品と比べても、玄米の整腸作用は凄まじいものがあると感じました。

因みに、サプリメントで食物繊維を摂ると、逆にお腹に悪いようです。

どうやら食物繊維を多く摂り過ぎてもダメらしく、腸を刺激し過ぎて粘膜を傷つける可能性があるそうです。

参考:大腸がん予防とプロバイオティクス

あと、「食物繊維の種類にもよる」ようですね。

繊維の構造が荒いものだと、刺激が強過ぎて腸内をお掃除どころか、傷つけてしまうんじゃないかと考えています。

それはサプリメントだけではなく、自然の食品にも言えることのようです。

あるオーガニック屋さんで、ふすまパンを購入して食べたことがあるのですが、どうも私の腸には合わなかったらしく、翌朝猛烈な腹痛がありました(苦笑)。

もちろんふすまが悪いというわけではないのですが、ふすまは食物繊維が多いので、私のように腸を切除した方や、胃腸炎や潰瘍性大腸炎など、「消化管の粘膜が弱っているとき」は、かえって逆効果になるのではないかと思います。

「食物繊維は第6の栄養素である」と言われるくらい期待されているものですが、やはり摂り過ぎると良くありません。サプリメントの場合、どうしても摂り過ぎる危険性があります。

野菜や穀物で食物繊維をたくさん摂ろうとしても、食べる量には限界がありますので、過剰摂取による問題は起きにくいと思っています。「玄米+雑穀米」なら、少量摂るだけでも十分でしょう。

トップへ戻る