洗いやすさ、扱いやすさ、組み立てやすさ、メンテナンスのしやすさの比較

これらに関しては、横型ジューサーのほうが優れています。

縦型と比べると、後片付けやお手入れが簡単なものが多いです。

「組み立てやすさ」について

横型のほうが部品が少ないので、簡単に組み立てられます。下記の画像を見比べて見て下さいませ。

パーツ(部品)の多さの比較

ただ、最近のスロージューサーは「解説DVD」がセットでついていますので、お年寄りや不器用な方でも、動画を見ながら難なく組み立てることが出来ると思います。

ちなみに、縦型はほとんど構造が一緒です。

私が初めて買ったスロージューサーは、hu300(縦型)という旧型のヒューロムスロージューサーでしたが、これに使い慣れていたおかげで、その後に購入した縦型のジューサーは全く説明書を見ずに組み立てることが出来ました。

横型については、私は2種類しか持っていないのでよく分からないのですが、おそらく縦型と同様に、横型同士も構造が似ていると思います。

「洗いやすさ」「メンテナンスのしやすさ」について

部品が少ないので横型のほうが素早く洗えますし、基本的にはメンテしやすいものが多いです。(※なかには落としにくいものもありますが・・・。)

扱いやすさについて

昔使ってたミキサー

この画像は、私が始めて使ったミキサーです。なんか懐かしいですね・・・。

このミキサーは相当古いやつで、今ではもう売っていないんですが、洗う時によく指を切ったもんです(苦笑)。

スロージューサーには、ミキサーのような「刃の鋭い部品」はひとつもありませんので、手を切ったり怪我をすることはありません。

「『部品が扱いやすさ』や『メンテナンスのしやすさ』が、意外なほど重要な理由」 の箇所でも解説しましたが、部品の扱いやすさは、スロージューサーの劣化にも関係してきます。

ですので、その点も比較しながら機種選びをすることが大切になってくると思います。

また、万が一部品が破損したとしても、「全ての部品を網羅していて修理も任せられるお店」を後で紹介しますので、まるごと買い換える必要がありません。

トップへ戻る