搾り取るスピードが早いか?

上記の動画でも分かるように、ヒューロムシリーズは搾汁スピードもかなり早くなっているので、大量の野菜ジュースを作る必要のあるがん患者にとっては、おそらく30分前後の時間短縮になります。(※3リットル前後のジュースを搾る場合です)

動画によると、スピードに関しては業界2位のクビンスシリーズが勝っていますね。実際にクビンスシリーズを使用している私としても、たしかにクビンスのほうが若干早い感じがします。

クビンスサイレントジューサーとクビンスホールスロージューサーは、動画では同着ですが、ホールスロージューサーは投入口が広く、モーターがほかと比べてかなり強靭です。

クビンスホールスロージューサーの強み

ですので、カットしたにんじんの大きさを自由に変えられるなら、ホールスロージューサーが圧倒的に勝っていると思います。

  • 毎日が忙しいので、少しでも作る手間暇を省きたい方
  • 搾汁スピードを一番重視したい方
  • 高齢で力が弱く、人参やカボチャなど、固い野菜をカットしづらい方

上記に当てはまる方は、クビンスホールスロージューサーのほうが適していると思います。

クビンスホールスロージューサーについては、いずれ別に記事を設けて詳しくレビューしたいと思いますが、1つの弱点として投入口やドラムの形に特徴があるぶん、素材を荒く圧搾する傾向にあります。

そうすると、搾り取ったジュースにカスが交じるようになり、滑らかなジュースが出来ません。荒く圧搾するぶん搾汁量も少ないです。

その点を考慮されてご購入を検討されて下さいませ。
高齢で力のない方から相談を受けた場合、私はヒューロムスロージューサーよりもクビンスホールスロージューサーを積極的におすすめすることが多いですね。

トップへ戻る