反論1と2につきまして

私は、あの3つの論文だけでは、サプリメントの是非を決定付ける強い証拠とはならないと考えています。

それはおそらくid:Mochimasaさんも承知していることだとは思うのですが、id:Mochimasaさんのおっしゃるように「何のlimitationもない論文など存在しない」し、あの3つの論文に関わった先生方は、試験精度には制限や限界があったことをきちんと明記されている。

そして、問題の論説を再度確認してみたのですが、そこにも「研究には制限があった」ときちんと明記されていました。(※はじめに読んだ時は見落としていました)

つまり、論説においては曲解はなかったということです。相変わらずタイトルは気に入らないのですが、きちんと読まずに批判していたことを反省しています。

試験精度には制限や限界があったことを認めたうえで、「サプリメントが効くという客観的な証拠を見つけられなかった」という結論を「何も言っていない」と言うのは、明らかに飛躍し過ぎであり、id:Mochimasaさんの仰るとおり暴論でした。反省しています。

試験に関わった先生方も、出来るだけ真実に近い結論を得る為に、制限や限界を取り払おうと試験内容を工夫されたはずですし、それに関して「論文の体をなしていない」と言うのはどう考えても失礼でした。反省しています。

トップへ戻る