良い評判が多い

あと、私は思うんですが、エビデンスを重視する姿勢を大切にすると共に、「実際に使われている方が本当に効果を上げているのか?評判はどうか?」ってこともきちっと調べたほうがいいと思うんですよね。というのも、エビデンスは「ウソ」をつくことがあるからです。

抗がん剤治療は(状況にもよるが)やはり微妙だと思う
抗がん剤治療に関する私の考えを、率直に述べます。「延命効果がある」という医学的根拠はありますが、何をもって延命と呼ぶのか考えたことはありますか?「延命の定義」というものが、医療従事者と私達一般人がイメージするものと違う可能性を考えなければいけないと思います。

私は必ずしも抗がん剤治療に否定的ではありませんが、治療されている方の予後を見ていると、どー考えても状況が改善しているようには見えないんですよね。

抗がん剤の目的は、「治す」というよりも「延命効果」ですから、どんなに体が衰弱しようが、それを第一目的として治療すること自体は、別に間違ってはいないのですが、私には何か「違和感」を感じるんですよね。

それはたぶん私の死生観とか、様々な価値観からくる「違和感」なんだと思いますので、他人様に押しつける気は毛頭ありませんが、とにかく、

エビデンス至上主義になると、まずい・・・。

と思います。エビデンスは事実ですが、真実とは限りませんからね。
実験や研究の結果、理論や根拠みたいなものが分かったとしても、「じゃあ、世の中その通りに動いていますか?」って話です。動いてませんよね?思った通りになることがほとんどないですよね?

エビデンス至上主義的な人は、「とにかく、科学的根拠を基にして、確率が高い方を選択していけば間違いが少ないだろう?もし間違ったとしたら、それはもう運が悪かっただけから仕方ない。」という考え方をしています。

でも、その科学的根拠を示したのは、意図や感情を持った人間です。
人間がやる以上、どんなに厳正な臨床試験だろうと、必ずなんらかの不確定要素がでます。

それだけならまだいいのですが、意図を持った頭のいい人間は、臨床試験で示された結果を、都合よく解釈して発表します。試験自体は厳正に行っているのだけども、解釈を変えることで人に与える印象を操作することが出来ます。

「エビデンスがある → 効果ある」と単純に考えている人は、読解力やインテリジェンス能力がないですから、論文が出ているというだけで簡単に騙されるでしょう。(実は、医者に多いです)

それを見抜くのは、余程の専門家でない限り無理だと思います。ですので、そういうことが出来ない私は、「実際に試した人の声」を、エンビデンスと同じくらい重視しています。

論文の矛盾を突くとか、合理性にかける部分とかを指摘するのは私には出来ないから、レビューや口コミをたくさんチェックしています。

私は、他人様のガン闘病記を非常に参考にしています。過去にさかのぼって全記事を読むのはもちろん、同じブログを何回も読み直したりしていますが、それは「エビデンスでは見えない部分」がそこに書かれているから、体験者の生の声や治療に対する意見、実際にどういう結果が出ているかを追体験できるからです。

そこに書かれていることは、別にお金とかもらっているわけではないと思うので(笑)真実に近いと思います。専門家(医師など)のブログも一応見ますが、それは良い意味でも悪い意味でも専門家の意見なので、「従来の主張」が繰り返されている場合が多く、実は大して参考にはなりません。

というか、医者こそエビデンス至上主義の典型的な人なので、むしろ読み過ぎると有害かもしれません。(注意:エビデンスが有害だと言っているわけではありません。「エビデンスだけに偏っていることが有害だ」というのが私の主張です)

そもそも「従来の主張」に沿ったがん治療がうまくいっていない現状を考えると、「エビデンスを重視しつつ、それ以外のものも取り入れなきゃいけない」と私は思います。何かで読んだのですが、がん治療はまさに「総力戦」だと思います。

その為には、全く根拠のない(汗)口コミやレビューなどに、出来るだけたくさん当たらないといけません。根拠がないから判断が難しいですが、自分の知性をフル回転させて真剣な態度で情報に向き合っていくしかないと思います。

ということで、ネットで拾ってきたヤクルト400の体験談をいくつか書こうと思ったのですが、検索すればすぐ出てきますし、ちょっと記事が長くなり過ぎてるし、面倒臭いんでやめます。(笑)調べればすぐ分かりますが、概ね評判はいいです。

本当に長くなりましたが、(汗)ヤクルト400&ミルミルSは免疫力全般を向上させ、大腸がんにも効果があるということで、しばらくヤクルト400&ミルミルSを飲んでみることにしました。その後、どういう結果になったのか?はたまた再発してしまうのかは、【追記】にて紹介したいと思います。お楽しみに下さいませ。m(_ _)m

トップへ戻る