安全性が認められている

あと、エビデンス以外にも信頼出来る情報としては、公的な機関や国際的な機関が発表しているものがあります。私が健康食品の効果と安全性を調べる時によく利用しているサイトがあります。「健康食品」の安全性・有効性情報というサイトですが、ここはマジで便利です。調べたい健康食品を検索にかけると、それに関するヒトを対象にした臨床試験の学術論文の概要を調べることが出来ます。

しかも、海外の論文も横断的に参照されてて日本語でまとめられているので、(しかも出典リンクつき!)論文捏造や試験不正の多い日本の詐欺論文をつかまされて間違った知識を身につけてしまう心配もありません。ですので、ここで述べられていることは、日本だけじゃなく国際的に信頼性の高い見解だと考えていいと思います。

逆にこのサイトで述べられていないことは、世界の研究機関から見向きもされてない健康食品ということであり、科学的根拠は認められていないということです。

ですので、「世界が注目!!○○○がガンに効く!」という成分がこのサイトで述べられていなかったら、嘘っぱちだと言うことです。(笑)

ただ、注意してほしいのは、嘘っぱちという意味は、「世界が注目していること」が嘘っぱちだということで、必ずしも「効かない」ということではありません。

ヒトでの研究が行われていないだけであり、もし行われていたら、もしかしたら効果が科学的に認められる可能性もあります。

例えば、アガ○クスというキノコの一種がガンに効くと話題になり、日本だけじゃなく、アメリカや世界の国々で注目を浴びたことがありました。

一時期は社会現象にまでなり、テレビでも放送されたので、これを商機とみて悪徳健康会社が多数&多種類の粗悪品を高額で売りさばき、たくさんのがん患者が被害にあいました。

事態を重く見た各国の権威のある研究機関が、動物やヒトに対する臨床試験を行い、「本当に効果があるのか?」を、しっかりと科学的な手順を踏んで実証した事例があります。

このように、注目を浴びている食品や成分は、積極的に研究が行われるので「効果がある」「ない」の判定がつけられるのですが、注目を浴びてないものはいつまでたっても臨床試験は行われないので判断は難しいのです。

でも、本当に効果があるのなら、インターネットの世の中ですから遠からず話題になると思うので、臨床試験が行われて「効果の有無」の判定が下されているはずだと私は思います。

時間がないがん患者は、臨床試験が行われていないもの(科学的根拠のないもの)に構っている暇はありませんから、このサイトで検索して出てこないものは、とりあえず無視しておいていいと思います。

このサイトのいいところは、きちんと「危険性」も示しているところです。
先程のアガ○クスやA○CC、サ○の軟骨など、賛否両論あるものは調べる価値があります。意見が分かれているものほど、じっくり調べれば真実がみえてきますからね。そういうものを調べる際にも、このサイトは活用できます。

逆に言えば、意見が偏っているものは、それに対する反対意見が少ないということなので、その分情報を精査するのが難しい、真実が見えにくいですね。

その意味では、否定的意見が少ないヤクルト製品は「真実が見えにくい」ということになりますが(笑)人の主観的意見ではなく、臨床試験という客観的な評価が多数出ているので、信頼性は高いと思います。

ということで、少し余談が過ぎましたが(苦笑)上記で紹介した「健康食品」の安全性・有効性情報というサイトでヤクルト400のことを調べてみると、以下のようになっています。

【ヒト試験】

『ヤクルト400』に使用されている原材料は、すべて一般の食品に使われているものであり、かつ、発売以来11年以上の長い年月にわたって食経験を有し、その間安全性が損なわれるような問題は一切生じていないことから、本品の安全性は十分に高いと言える。

(出典:「健康食品」の安全性・有効性情報より引用)

このサイトで「十分に高い」とか「十分に認められる」という表現が使われるのは滅多にありません。なにせこのサイトは元々は厚労省の下部機関でしたし、間違えた情報を載せると大変なので、表現にはとにかく慎重になっていますからね(笑)

実際にヤクルトレディーにも聞いてみたんですが、「1歳児に飲ませてもOKです^^」って答えてくれたので、非常に安全な健康食品と言えると思います。

トップへ戻る