バイタミックスで作ったスムージーをスープにすることで、さらに大量のファイトケミカルが摂取できる

バイタミックスで「野菜スープ」として頂いた方が、栄養摂取の効率が良い

出来上がったスムージーは、なるべくスープにして頂くことをおすすめします。
スムージーに熱を通すと、細かくなった細胞壁がさらに柔らかくなってフニャフニャになるので、より大量の(ファイトケミカルを含む)栄養素が滲み出してくるからです。

上記の前田浩教授らの研究でも証明されたように、「茹で汁」と「生の搾り汁」では抗酸化力に雲泥の差があります。「出来上がったグリーンスムージーに熱を加えること」で同じ効果を得ることが出来ます。

ご覧の通り、バイタミックスならこれ1台だけで野菜スープが出来ちゃいますね。(^ー^)

もう1つ野菜スープの良いところは、栄養素が凝縮されているので「ワンカップの野菜スープで、大量の野菜を食べたのと同じ効果が得られる」ことです。しかも液体ですから、ほとんど消化に負担をかけることはありません。

バイタミックスを用いることで細胞壁を粉々に分解し、栄養を吸収しやすくする

加熱調理によって余分な水分は沸騰して蒸発しますし、細胞壁も柔らかくなってどんどん縮んでいきます。

生野菜のままではファイトケミカルは体に取り込まれないうえに、カサが増えて大量には食べられません。

両手いっぱいの野菜を生で食べるのは大変ですが、加熱すれば握りこぶしくらいの大きさにカサが減り、食の細い女性でも高齢者でも食べることができます。

治療により食欲を失っているがん患者の栄養補給にも、バイタミックスで作った野菜スープは最適だと思います。

バイタミックスでスムージーを作った様子

ファイトケミカルのおよそ9割は、野菜や果物など、私たちが日常的に食べている食品に含まれています。現在見つかっているのは約1500種類ほどですが、実際は1万種類以上あると推定されています。

つまり、ファイトケミカルの効能はほとんど分かっていません。

私はそこに希望を見いだしています。
食生活の改善でがんを完治させた人は世界中にたくさんいますが、おそらくその方々はファイトケミカルを効率よく摂取していたはずです。

野菜や果物をジュースやスープにすることで、きっと私のがんを治してくれると信じています。
それには、食材を粉々にしてくれるバイタミックスが最適だと思います。

このブログの運営は、皆様の「支援」によって成り立っています。

ご支援のお願い
私が目指しているもの

コメント

  1. kei より:

    ご返信ありがとうございます!
    こんなに早々にレスポンスが頂けるとは思っていなかったので大変感激しております。

    ご返信の旨、了解いたしました。
    目的をきちんと据えた上で、ガチガチにはならず…というペースで頑張っていこうと思います。ご意見ありがとうございました。

    実は、もうひとつ、コメントしたい事があるのですが、この欄で宜しいでしょうか。
    もし、メール等の方がよければ、ご連絡先を私のアドレスまでお知らせ頂ければそそちらの方にいたします。
    お忙しい所、申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

トップへ戻る