お茶を毎日飲んでいる人は、本当に肌がキレイ!

テレビに出てたおばちゃんがとにかく若々しい!本当に明るくて元気なんですね。ま、画像見りゃ分かるんですが(笑)
このおばちゃん、朝は6時に起きてラジオ体操をし、仏壇でお経を唱えた後は、家族分の食事の支度をし、家族が仕事や学校に行った後は洗濯物を干し、さらに何時間か畑仕事をする。仕事が終わったら、さらにボランティアで踊りもしているそうです!

(いや~、俺よりタフじゃん 汗)

このおばちゃんだけじゃありません。試してガッテンのリポーターが何人か掛川市のおじいちゃん、おばあちゃんにインタビューしているのですが、みんな元気!

散歩しているおじいちゃんがいて、リポーターの人が「おいくつですか?」とマイクを向けると、「えっ?98やけど、」みたいな(驚)

どーみても70前後にしか見えないんです。

腰も曲がっていないし、スタスタ歩いているし、白髪ですけどきちんと髪の毛もあるし、肌も若々しいです。

何より驚いたのが、全員頭がしっかりしていることですね、ボケや認知症なんか微塵も感じられない、リポーターの質問にも「はぁ~?」みたいな高齢者特有の受け答えもなく(笑)素早く回答していました。頭の回転が速いのがよく分かります。

高齢者ってしゃべるの遅いじゃないですか(笑)自分がせっかちな性格なのでたまにいらってくるんですけど(笑)、掛川市のご老人方は本当に若々しいなーと驚きました。

もちろん番組なので、そういうご老人ばっかり選んで撮影しているんだろうとは思いますがね・・・。

私は長寿で謳っている沖縄生まれの沖縄育ちですが、確かに長生きしているおじいちゃん、おばあちゃんはいるけれども、足腰が強く、頭もしっかりしている高齢者は、そう多くはいません。実際、沖縄の高齢者の医療費は全国平均より高いです。

それに比べて静岡県掛川市は、人口10万人以上の市区町村の中で、がんによる死亡率が日本一低く、高齢者の医療費も全国平均と比べて20パーセント以上も低い、というから驚きです。

ガン発生率が低い、だけじゃなくそもそも病気になる人が少ないということなので、「生活習慣病やその他の病気予防の必須食品」として考えてもいいんじゃないでしょうか。

お茶飲んでお得に長寿!

健康とお茶の関係に目をつけた、掛川市立総合病院の副院長、鮫島庸一先生によると、掛川市は静岡県の平均と比べて、心疾患で亡くなる方が15パーセントほど、脳血管疾患で亡くなる方が30パーセント近く低いそうなんです。

治療が長期化するこれらの生活習慣病が少ないということは、医療費がかからないということでもあるんです。

鮫島先生が注目したのは、「長寿獲得コスト」という概念。
「長寿を得るためにかかる費用を比べるための指数」で、一人当たりの年間老人医療費を、男女の平均寿命を足した数字で割ることで求められます。

病気にかからず、健康で長生きしているお年寄りが多いほど長寿獲得コストは低くなります。

掛川市の長寿獲得コストは、全国平均を1とした場合、0.75と圧倒的に低いことがわかりました。

出典:お茶!がん死亡率激減!?超健康パワーの裏ワザ : ためしてガッテン – NHK

心疾患や脳血管疾患などの血管障害にかかる人が少ない → 血管の老化を防ぐことが出来る

ということだと思います。

「全ての病気や老化の原因は、血管の老化や血液の汚れから始まる」と主張している医師の方もいらっしゃいます。ということは、「老化を遅らせる効果がある」と言えるのではないでしょうか?

お茶がある種のガンや、ダイエットに効果があることは知っていましたが、アンチエイジングにも一役買っていることになります。

鮫島先生が言うように、掛川市に住んでいるご長寿の方々は、健康を維持する為のコストが少なく、足腰が強い、お肌も若々しく、なにより頭がしっかりしている人が多いというのは、お茶の可能性を感じざるをえませんよね。

なので、美容・アンチエイジングに関心の高い方は、お茶を常飲すると良いかもしれませんね。コスメアイテムや美容系サプリメントをたくさん買うよりもかなり低コストなのははっきりしています。実際、番組に登場していたおばちゃんたちは本当にお肌が綺麗でした。

トップへ戻る