【ジューサーの選び方のコツ】部品の扱いやすさや、メンテナンスのしやすさが、意外なほど重要な理由

毎日野菜ジュースを作るのですから、部品が頑丈で壊れにくいジューサーがいいですよね・・・。

部品が扱いやすいことも重要です。

部品が複雑なものは、洗いにくいところにゴミが溜まりやすく、ジュースにも汚れが混じりやすくなってしまい、衛生的にも悪いです・・・。

特に柑橘系の果物は酸味がありますので、パーツをキレイに洗わないと、変色したりサビてきてしまってジューサーの性能が低下します。

つまり、ジュースの搾れる量が少なくなってくるのです。

洗いにくいジューサーは部品の劣化が早いので、すぐに性能が落ちやすいということが、お分かりいただけると思います。

新品のときは高性能だったスロージューサーが、1年も使うと以前の古い機種よりも劣化してしまう・・・。なんてこともあります。

ですから、部品が「扱いやすい」「メンテしやすい」というのは、スロージューサーを購入する際の非常に重要なポイントになってきます。

トップへ戻る