【まとめ】私が知る限りの玄米食のメリット

ということで、私が知る限りの玄米食のメリットだけを述べました。これで玄米についての解説は、

  • (1)玄米の栄養価について、効果・効能のほどは?
  • (2)玄米食を続ける事でデメリットはないのか?
  • (3)【まとめ】ズバリ!玄米はガンの治療や再発予防に効果的?
  • (4)実際に玄米を食生活に取り入れ、病気を克服した人の成功と失敗例&体験談やおいしい食事レシピなど
  • (5)どの玄米がおすすめ?私が普段食べている玄米の紹介と、ガン腫瘍抑制効果が上がる!マル秘調理法

この5つのなかの(1)の解説が終わったことになります。次回以降は(2)~(4)について述べます。

一応私の予定では玄米シリーズは(たぶん)4記事で完結する予定ですが、後の2記事は(1)で話したこととかぶることが多々あると思います。何故なら、玄米の最大のメリットと最大のデメリットは、同じだからです。

ですから次回の記事では、玄米のデメリットをいくつか言及しつつ、それをカバーしながら玄米の恩恵を最大限に受ける方法を解説します。その上で【まとめ】として、私なりの「玄米食の結論」を述べます。


 ~ 追記:2013年6月20日 ~ 

玄米食をはじめて1年ちょっとでの「結論」ですが、3年経った今でもそれは変わりません。そして、今のところ「確かな結果」をあげていますので、仲間(がん患者)にとって絶対に参考になると自負しています。


(5)についてはオマケ程度の話です。私が食べている玄米よりもいいものがあるかもしれませんし、(その時は是非、コメントで教えてくださいませm(_ _)m)私の摂取しているサプリメントよりも良いものがあるかもしれません。

ただ、私が実際に食べて、実践してきて効果があったと感じるものをご紹介させていただきます。本当にオマケ程度の話なので、ヒマな時にでも見ていただければ、と思います。重要な話は今回の記事と、次回の記事ですので・・・。

少し長くなりましたので、今回の記事の要点を箇条書きにしてまとめておきます。忙しい人はこれだけ読んでもOKですね。o(^-^)o

あとがき

  • 玄米は栄養バランスが優れているが、一日の栄養摂取基準量から考えると、到底足りないので、「副食のバランス」をしっかり考える必要がある。極端な肉食制限に走ってはダメ!
  • 玄米には強力な解毒作用があり、農薬、食品添加物、薬、放射性物質などの毒物を体内から排出する能力がある。
  • 玄米には様々な抗がん物質が含まれており、ガン細胞に対して従来にはないアプローチで、直接的・間接的に作用する。副作用は一切なく、ガン細胞は玄米からの攻撃に対して「耐性」を持つことが出来ない。
  • 玄米の抗がん作用を最大限に引き出すには、「炊き方」に工夫する必要がある。
  • 玄米食と抗がん剤を併用すると、抗がん剤の効果が増幅され、副作用を抑えることができ、しかもガン細胞が抗がん剤に対して「耐性」を持ちにくくなる。その際には、効果を上げる為にサプリメントを摂ると良い。

今回は以上です。多くのがん患者さんや、その他ガンの関係者の方々が見てくれているようなので、出来るだけ早く次の記事をアップします。

ではでは、今回はこの辺で。

このブログの運営は、皆様の「支援」によって成り立っています。

ご支援のお願い
私が目指しているもの

トップへ戻る