【まとめ】ズバリ!玄米はガンの治療&再発予防に効果的?

さて、前回までに2回にわたり、「玄米のメリット・デメリット」について色々と語ってきましたが、結論から言えば、玄米はガンの治療&再発予防に効果的だと考えています。

ただし、(1)ちゃんと発芽する「生きている玄米」を選び、(2)「正しい方法」で玄米を調理すれば、の話です。

これがね、結構ハードル高いと思うんですよ・・・。
まず(1)を満たしている玄米が、あまり見当たりません。これは有名な産地や銘柄とかは関係ないですね。実際に1日~2日くらい水に浸けてみたらすぐに分かります。

籾殻の乾燥の仕方がまずかったり、異物と玄米を選り分ける選別機の問題で胚芽を傷つけてしまって発芽しないケースもあります。ですから、実際に水に浸けてみないと、発芽するかどうかは分からないのです。

で、仮に(1)を満たしているとしても、(2)を理解していないと「発芽抑制因子」の毒に犯されて、体が衰弱してしまいます。記事の初めのほうで「玄米はハイレベルな食べ物だ」と言った理由が理解していただけたかと思います。

私みたいにお金を余分に使って「本当にこの玄米が発芽するのか?」を片っ端から水に浸けて調べたり、圧力鍋や高圧炊飯器などの調理器を揃えるぐらい真剣に取り組まないと、玄米の恩恵を受けることは出来ないでしょう。

しかし、コツさえ分かれば、料理なんか今までほとんどしたことがない私でも簡単に出来てしまったので、美容と健康の維持の為にも、是非とも皆さんには玄米食をやってほしいと思っています。

それに、「正しい玄米食」に至るまでの越えるべき壁は、私が皆さんの代わりに超えてきました。

(1)に関しては、私の努力の甲斐もあって、いくつか「発芽率ほぼ100%の玄米」を見つけましたので、それを次回の記事で紹介しようと思いますし、(2)に関しては今回の記事で全て解説しました。つまり、超えるべき壁はほとんど越えたのです。

圧力鍋や高圧炊飯器のどちらかが必要になりますが、最悪それらがなくても、前回の記事で紹介した「乾煎りしたあとで、玄米を炊く方法」をやれば、玄米の2大デメリットを解消することが出来ます。

ただ、それだと食感がパサパサで、不味いです・・・。

乾煎りして炊いてもいいのですが、次回紹介する炊き方で玄米を食べていただければ、2年どころか一生「絶対不動の主食」として食べ続けることが出来るでしょう。

それと同時に、いつまでも健康で若々しい身体を保つことに貢献し、ガン治療&再発予防にも確実にプラスに働くと、私は確信しています。

このブログの運営は、皆様の「支援」によって成り立っています。

ご支援のお願い
私が目指しているもの

コメント

  1. ぁりさちん より:

    初めまして。玄米を初めて買い、発芽させてから炊いて食べていますが、合っているか不安だったのでコメントさせて頂きました。
    こちらのブログでは、炊き上がった後炊飯器に移し保温しながら食べると記載がありましたが、炊き上がったあとすぐに取りだし、たっぱーに入れて冷蔵庫保管ではダメでしょうか?
    冷蔵庫保管⇒乾燥してしまい不活化していたアブシジン酸が復活してしまうのでしょうか?

    また、煎らなくても、圧力かけて100度以上で炊くと、アブシジン酸は変化し死滅するのでしょうか?(そのあと乾燥しちゃっても復活しないのでしょうか。)
    質問の仕方が下手で申し訳ありません。ご存知でしたら、教えてくださいませm(._.)m

    • 新里(管理人) より:

      ぁりさちん様、コメントありがとうございます。

      冷蔵庫保管⇒乾燥してしまい不活化していたアブシジン酸が復活してしまうのでしょうか?

      残念ながら、その通りです。

      また、煎らなくても、圧力かけて100度以上で炊くと、アブシジン酸は変化し死滅するのでしょうか?

      100℃では、アブシジン酸の活性は失っておりますが、その後に冷蔵庫や常温で置いてくと、温度が下がったときに再度活性化します。

      ですので、アブシジン酸の活性を完全に死活化させるためには、
      フライパンなどで乾煎りしたほうがいいです。
      香ばしい匂いがしてきましたら、それが火を止める合図です。

      乾煎りの仕方ですが、下のリンクを参考にして下さいませ。

      参考:【参考】玄米の乾煎りの仕方

      新里

トップへ戻る