コメント

  1. 詩織 より:

    新里様、お久しぶりです。
    まずは、お母様の病気の件、ご心配ですね。
    何とか状況が改善されるよう願っております。
    さて、私の大腸ガンの方ですが、先日手術後2度目のCT検査の結果が出ました。
    今のところ異常なしでホッとしております。
    新里様に以前アドバイス頂いた、自助努力という言葉を肝に銘じ、自分の生活を変えるよう心がけております。
    職場ではお陰様でストレス無く働けておりますし、同時に立ち仕事なので運動も兼ねているかと機嫌良く出勤しております。
    また、以前はそれ以外の運動は全くしていなかったのですが、ウォーキングやヨガ、週一のジム通いも始めました。
    もちろん、ジュース生活、ヤクルト&ミルミル、UPXや玄米粉、オリゴ糖に玄米食もしております。
    野菜を中心に卵、魚、鶏肉をとっておりますが、手術後は赤身肉を控えておりましたら、チョット不調が出てしまいました。
    と、いうか指先の皮膚が大変荒れて、皮膚科に行きお薬を頂いたり、ハンドクリームや指先のパックなどいろいろ手を尽くしたのですが余り改善せず、一進一退といった状況でした。
    ところが、普段は全く口にしなくなっていたお肉を付き合いもあって、ほんの3口くらい頂いたところ、次の日には手荒れが劇的に改善されていて驚いた次第です。やはり、新里様のおっしゃる通り食事はバランスが大切で、様々なものを組み合わせて頂かなければ‥と、強くおもった次第です。あれほど気を使って肌のケアをしていたのに、やはり体の外側からのアプローチだけではなく、体の中に取り込む物がこれほどに力があるとは、と驚きました。
    自分の体と向き合うことで、お陰様で風邪をひいたり、肩こりがなくなってきました。アレルギーについても少し改善してきたように思います。
    また、顎の辺りにしつこい吹き出物がありましたが、すっかりなくなって、歳の割には肌がキレイになってきたのでは、と思っています。もちろん、タルミやシワは年齢相応にありますが‥笑
    まだまだ精神的に落ち込む時もありますが、こちらに来させて頂いて新里様の記事を読ませて頂いて、勉強させて頂いております。
    どうか、こちらが今まで通り存続出来ますよう願っております。

    • 新里(管理人) より:

      詩織様、コメントありがとうございます。

      さて、私の大腸ガンの方ですが、先日手術後2度目のCT検査の結果が出ました。
      今のところ異常なしでホッとしております。

      おめでとうございます。(^ー^)
      このまま気を抜かず、一日一日を丁寧に積み重ねていけば、必ずガンは完治すると思います。

      ところが、普段は全く口にしなくなっていたお肉を付き合いもあって、ほんの3口くらい頂いたところ、次の日には手荒れが劇的に改善されていて驚いた次第です。やはり、新里様のおっしゃる通り食事はバランスが大切で、様々なものを組み合わせて頂かなければ‥と、強くおもった次第です。あれほど気を使って肌のケアをしていたのに、やはり体の外側からのアプローチだけではなく、体の中に取り込む物がこれほどに力があるとは、と驚きました。

      タンパク質を制限すれば、当然タンパク質を原材料とする皮膚の再合成も滞ることになります。動物性タンパク質には、タンパク質の代謝を促進するビタミンB群も豊富に含まれていますので、(植物性だけではなく)肉類もしっかり摂るべきなのです。

      ベジタリアンの人は一見健康的に見えますが、スタミナがない人が多いし、老けている人が多い印象を受けます。それは原材料が足りないから皮膚や筋肉がつかず、肌のハリがなくなり、やがてはシワになって老けて見えるのです。

      植物性タンパク質だけでもダメ、動物性タンパク質だけでもダメです。
      両方をバランスよく摂ることによって、新陳代謝を促進させることが大切です。もちろんビタミンやミネラル、ファイトケミカルも十分に摂ることが大切です。

      結局のところ、

      栄養素をバランスよく摂る。

      これに勝る食事療法はありません。
      重度の糖尿病や腎臓病など、体の重要な器官が完全に回復することが難しいケース以外は、(よほど手遅れでない限りは)「栄養素をバランスよく摂る」ことで治ると確信しております。

      ただ、そう考えると私がこれまで実践してきた食事療法は「特定の栄養素を極端に制限する」ことはしていませんが、生野菜&果物ジュースを大量に飲むので「バランスを欠いている食事療法」なのです。

      ですから、大腸がんであれば3年くらいが目安だと思いますが、それ以降は厳しい食事療法を継続するのは、むしろ体に有害なのではないかと考えています。具体的に言いますと、3年間再発を防げたのであれば、それ以降は毎日の野菜ジュース摂取量を1リットル以下にしたほうがいいと思います。

      人体は、栄養欠乏でも栄養過多でも不健康になります。
      私の食事療法は、カロリー摂取量が少ないので栄養欠乏になると仰った方がいましたが、それは大きな間違いであり、むしろ栄養過多になる食事療法です。

      ですので、元々健康な方は、私と同じようなことをやらないほうがいいと思います。
      毎日せいぜい500mlから1リットルくらいがいいと思います。

      がん患者・ガン体質の方は、栄養欠乏に陥っている方が多いです。
      そうでなければ栄養代謝が全身的に異常を起こしています。

      そのような場合は、栄養素をバランスよく、しかも大量に摂る必要があると考えています。

      もちろん体にきちんと吸収されませんと意味がありませんから、「消化の良い形」で摂取しなければなりません。ですので、「ジュースにして飲む」のです。

      栄養欠乏状態が改善され、栄養代謝も健全な状態に戻るまでは、とにかく2リットル~3リットルくらいの野菜ジュースを飲む必要があると考えています。体が健全な状態に戻ったあとは、大量に飲むのはむしろ有害かもしれませんので、毎日500mlから1リットルくらいに抑えるのがよろしいかと思います。

      仰るように、毎日ジュースを作っていると手が荒れやすいですよね・・・。
      私は手袋をしています。特にこれからの寒い時期は大変ですよね。

      毎日楽しみながらやることが、継続のコツだと思います。
      今後とも、よろしくお願いします。

      新里

    • 詩織 より:

      新里様 早速のご返事ありがとうございました。
      私は長年主婦をしておりますので、炊事洗濯で手指先が荒れたことはこれまでにもあったのですが、些細な火傷をきっかけにこれほど長引いてしつこい肌荒れになるとは思いもしませんでした。そこで考えたのが、やはり体質が何らかの形で変わっているのではないかと言う事でした。この肌荒れの一件以外には特に不調を感じていなかったものですから非常に不安になった次第です。それが、体に良くないと決めつけて極力避けていた動物性蛋白質でたちまち調子が良くなるとは、本当に自分の体ながら驚きました。これからは頑固なこだわりを捨て、自分の体と対峙して体調管理して参ります。もちろん、手袋のお世話にもなります。
      新里様 寒くなって参りましたが、(沖縄はまだ大丈夫ですか?)御身をご自愛くださいませ。

トップへ戻る