今年、これ以上ガンやうつ病を患う人が増えない為に、私が贈る言葉

人間として健全な生き方を、新年だからこそ考えてみる

こんにちは、新里です。

明けましておめでとうございます。

この大腸がん闘病記ももう少しで3年目になります。このブログは滅多に更新しないので、読んでくれている方から「元気ですか!?全く更新がないので心配してます」というメールを定期的にいただいてしまいます。

なんか皆さんに余計な心配をさせてしまい、申し訳ない気持ちが多少あるのですが、基本的に書きたい時に書くスタイルなので、今後もそのスタイルを貫いていこうかなって思っています。

新年を迎え、正月三が日も過ぎましたが、皆さんはどうお過ごしでしょうか?おせち料理を食べ過ぎて体調崩していませんでしょうか?(笑)

小さい頃、親戚を回る度におじいおばあにおせちを無理矢理食べさせられてたのを思い出します。私は非常に可愛らしい子供でしたので(自分で言うな!)とにかく「あれを食べなさい(*^▽^*)」「これを食べなさい(*^▽^*)」などとまくし立てられました。

また、私は非常に人が良いので(自分で言うな!)おじいおばあの「おせち攻撃」を断って悲しませることはとても出来ず、お腹の許容量の限界を超えて食べ過ぎてしまい、非常に苦しい思いをしていました。

おじいおばあに悪気がないのは分かるのですが、なんていうか、非常にありがた迷惑ですよね(苦笑)しかも食べないと機嫌が悪くなりますからタチが悪い(笑)

「自分はそういうことはするまい・・・」と思っていたのですが、うちの実家に親戚の子供が来た時、自分がおじいおばあと全く同じ事をしていることに気づきました(^^; ごめんね~、

親戚には私と同年代の奴が何人かいるのですが、やっぱりたくさん食べ過ぎて3キロくらい増えちゃった(´Д`) と、嘆いていました。女性なんで気にしているみたいでした。

正月はそんな感じで浮かれ過ぎて体調を崩された方、気を引き締めて計画を立てる方、もしくは既に立てた方、何か新しいことを始めた方、それぞれだと思いますが、久しぶりに会った親戚達の話を聞くともうね、、暗~い話ばっかり。

「なんでガン患者の私よりあんた達ネガティブなんだ(´・ω・`)?」と言いたくなりますが、聞く方としてもですね。何回も何回もネガティブな話をされると、こっちに「毒」を押し付けられているようでイライラしちゃいます。

いや、同じ人が何回もネガティブな話をしているわけじゃないのですが、実家に来る親戚皆が皆ネガティブ話をするものですから「外に出ようかな(´・ω・`)」と思ったほどです。

新聞やテレビは年がら年中暗~いニュースばかり流していますし、ここ数年は日本だけじゃなく世界中で様々な危機や政変、そして災害が立てつづけに起こりましたから、「より良い未来」がなかなか思い描けず、暗い話ばっかりになるのも無理はないかもしれませんね。

しかし、暗い話ばかりするのは精神衛生上良くないのと同様に、より良い未来ばかり思い描くのも、実は精神衛生上良くないのです。むしろ、そんなものばかり考えるから不幸になる、今日はそんな話をしようと思っています。

親戚の子供が遊ぶ様子を見ててつくづく不思議に思ったのですが、

「なんで子供ってこんなに魅力いっぱいなのに、クソつまらない大人になるんだろう?

そもそもなんで子供にこんなに魅力を感じるのだろう?」

親戚との会話に相槌を打ちつつ、全く話を聞いていない私はそのことばっかり考えていました(笑)。今回の記事は、そんな人の話を聞いていない私が、その時考えたものをまとめたものです。

また、以前からこの記事の続編を書きたいと思っていたのですが、期せずして今回の記事が続編のような形になりました。

特にそのようなつもりで書いたわけではないのですが、記事を書き上げた後に読んでみると、以前書こうと思って保留にしていたことを書いていることに気づいたので、少し手直しして「続編」にしました。

前回は「美容」と「健康」がテーマだったのですが、今回のテーマはそれを含みつつ、新年だからこそじっくり考えてみたいことを書いたつもりです。ガン患者のみならず、「今年こそ飛躍の年にしたい!」と考えている全ての皆さんに少しでも参考になれたら幸いです。

目次

  1. 【第一部】食べ物だけではガンは絶対に治らない
  2. 遺伝(運命)さえ変えることが出来る「力」
    1. 天才と凡人で遺伝子の差はほとんどない!【体質改善】【能力開花】はスイッチをいれるだけ
    2. 遺伝子のスイッチをONにする3つの要素
  3. 【化学的要因】【物理的刺激】【メンタル】どっちが大事?
    1. 人間の精神力には限界がない
    2. 人間は、遺伝子が秘めている潜在能力をほとんど使っていない
    3. ホメオスタシス(恒常性)の例外
  4. 健康・美容・成功・幸福の根底にあるもの
    1. 宗教的信仰(超すげー思い込み)が、奇跡を起こす
    2. 「自分教」を作れ!
  5. ガンと成功哲学の共通点
    1. 成功哲学の罪
    2. 競争に関する重要な2つのポイントと成功哲学の矛盾
    3. 答えは自分で作っていくもの
    4. 命がけの「答え」
  6. 成功に関する「私なりの」考え
    1. 「手段」と「目的」を一致させる
    2. 努力するから失敗する
    3. 諸刃の剣である成功哲学
  7. より良くなることを信じて、全力で『今』を楽しむ
    1. 戦略・戦術に対する考え方を改めなければいけない
  8. 【第二部終了】親戚の子供
    1. 合理的思考が「型にはまった人間」を作る
    2. 大人の合理的な部分と子供の現実的な部分を兼ね備えている人が、これから時代をリードしていく
    3. なぜ私達は子供に魅力を感じるのか?
    4. 人間として健全な生き方とは何か?

コメント

  1. y_yt より:

    新里様、はじめまして。1月6日の投稿を読み終わって、感動しすぎて、寒気がしました。私も主人もいつも新里様のお話を一番参考にしていますが、今回はいつもと毛色が違うけど、なんだかとっても大切なことを書かれている!と思いながら、読み切り、目の前が開けた感じです。主人も新里様と同じor近いことを言ってくれていましたが、なかなか受け入れられませんでしたが、なんか今は凄く心に突き刺さります。私は昨年の2012年に37歳で大腸ガンになりました。ステージは新里様と同じです。今は悩みながら抗がん剤4サイクル目を終えたところですが、5サイクル目からは一旦ストップするかどうか悩んでいます。でも自分で答えを出し、人のせいにしないことが重要ですね。これからも一杯参考にしたいですし、一度直接お話を伺える機会があればこの上ない幸せです。色々今後も共有させて下さい!あー長かったけど、全部読み切れて幸せです!

    • s___shin より:

      y_yt様、コメントありがとうございます。

      なんか、こちらが気圧されするくらいこの記事を褒めて頂き、とても恐縮しております(^^;

      「自分で答えを作り出す」ということが、この記事で最も言いたい事の一つなんで、それに共感して頂けたみたいで嬉しいです。

      でも、やっぱそうだと思うんですよ。 ガンという病気は古代エジプトの時代から認識されていたそうなんですが、それにも関わらず未だに決定的な治療法が見つかっていないのは、「結核にはペニシリンだぜ!」みたいな、「誰にでも当てはまる普遍的な治療法」が(おそらく)存在しないからだと思うんですよ。

      この文章はy_ytさんだけではなく、様々な方が読まれると思いますので、ここからはy_ytさんを含め、読んでくれている方全員に向けて書いていきますが(この記事で伝えきれていなかった部分があることに気づいたので 汗)、

      私の信念として、「ガンには普遍的な治療法は(現時点では)存在しないが、個々人に当てはまる治療法は存在するのではないか?」と思うんです。

      そうでないと、ガンが完治された方々がいる説明がつきません。抗がん剤で治った人もいれば、残念ながら治らなかった人もいる、ゲルソン療法などの食事の改善を経て完治された人もいれば、残念ながら治らなかった人もいる、「どちらが確率としては高いのか?」という問題はありますが、「治らない・一向に改善しない」ということは、その人に合わない治療法を選択してしまったからだと思うんです。

      どちらが正しい治療法でどちらかが間違いというのは、その考え方自体が間違いであり、正しくは「自分で創り出していくもの」だと私は思うんです(現時点で普遍的な治療法が存在しない以上)。

      ですので、「三大療法のみが正しい治療法なんだ!ほかはトンデモだ!」と主張している方も、「いや、ガンの原因は動物性蛋白質だ!三大療法をするからガンは余計に悪化するんだ!」と主張している方も、私に言わせれば同じレベルでアホです。

      頭が良さそうな人でもこういう物事の捉え方をしてしまう諸悪の根源ってのは、「答えがどこかにある」っていう宗教じみた社会通念だと思うんですね。なので、医者から、学校の先生から、上司から、親から与えられた「答え」に何の疑問も感じずに受け入れてしまう・・・、自分のフィルターを通さずに、そのまますーっと頭の中にインプットされ、そのとーりに行動してしまう・・・、

      そういう状況って、「自分に主導権がない」ですよね?

      「自分に主導権がないのに、どうやって欲しいものを手に入れるんですか?」って話なんですよ(笑)

      「自分に主導権がない人」というのは、「自分をよく分かっていない人」です。自分が何者であるかを知らないから、自分の中に「基準」がないから自分以外の「外(医者、他人、本とか)」に答えを求めようとするんだと思います。

      ですので、「自分のことをよく分かっている人」は、「今の自分にとって正しい選択をとれる人」です。普遍的に正しい選択ではないですよ?それを求めるならば統計データや医者などの専門家の意見の方が信頼出来ます。

      しかし、先程も言ったとおり、残念ながらガンに関しては普遍的に正しい治療法は未だに存在しません。それどころか末期がんに対しては(医者は表立って言わないですが)目を見張るような治療成績を挙げきれていません。

      もちろん年々向上されてきていますが、それを待てないガン患者もたくさんいるのです。っていうか待つほうがおかしいと思うんですよ。エジプト時代からガンという病気が認識されていたのに、い・ま・だ・に普遍的な治療法がないんですよ?あと何千年待つかも分からないです(´・_・`)

      そういう現実を見た時に、まず考えるべきものは何か?と言うと、「自分というものを知ること」「自分の歩んできた道のりを、つぶさに見つめていくこと」だと思います。

      つまり遺伝のような、ある意味運命としか言いようのない、どうしようもないこと以外は、「ガンになった原因も改善のヒントも、全部自分の内側の中になる」と私は思うのです。だからそこは掘り下げなきゃいけない、

      更に言えば、(ここが意外と見落とされがちな部分ですが)医者は患者(私やy_ytさん)の事なんてほとんど分かっていないですよ。分かっているのは病名や病態くらいです。血液検査の数値やレントゲン写真で私やy_ytさんの状態を判断しているんです。

      その事自体を否定しているわけではありません。病気に関する貴重なデータや資料は大いに参考にすべきだし、ある程度普遍的・客観的なものである事は間違いないのですが、個人個人に当てはまるものとはとても言えないですし、あなたが生まれてからこれまでの全情報を反映してはじき出されたものではないことは明らかです。

      医者は、体全体ではなく部分的な診断、しかも「今現在の、ごく一部分」だけを見て診断を下しているんです。そのような診断から得られた治療方針が、果たして「現時点で最も確からしい治療方針」なんでしょうか?私はそこがひじょーに疑問なんですね。

      参考にはしますが「し過ぎる」のも危険では?特に目覚しい治療法が確立されていないような病気の場合は特に、と私は思うんですね。

      医師は私たち患者の血液検査の数値や、病巣の状態をよくご存知ですが、その他に何か知っていますか?私の食べ物の好みとか、どんな仕事をしている、してきたとか、過去にどんなところに住んでいて、どんな経験をし、どんなトラウマを抱えているとか、好きな異性の好みや性癖とか(笑)「やりたいこと」とか「諦めたこと」とか、

      一見すると関係のないことのように思えますが、私は大いに関係していると思っています。記事でも書いたように、私は(強引な考え方かもしれませんが)遺伝的な要素を除けば、全ての生活習慣病や慢性疾患の直接的&間接的な原因はストレスだと考えているからです。

      ストレスというのは「精神的なもの・物理的なもの」両方を含みますが、人間どこでストレスを感じているのかなんて、意識しないと絶対に分からないものです。私が「自分という人間をよく知ることが大事だ」と言ったのは、そういう意味です。

      そういう事って、病院やお医者さんが教えてくれますか?他人が教えてくれるものでしょうか?違いますよね。

      医者に、「あなたの大腸がんの原因は、女性に振られまくった挙句、ヤケ食いして便秘気味になり、それによって腸の細胞が刺激されることで遺伝子コピーミスが起こり、異常な細胞が増殖して・・・、」という言葉を聞いたあたりで顔を真っ赤にして診察室を飛び出すでしょう(笑)

      私は治療法というのはオーダーメイドであるべきだと考えています。そしてそれを医者に求めるのは酷だと思います。っていうか、出来ません(笑)そんな暇じゃないですし、技術もないですし・・・、それは自分しか創り上げる事が出来ないものです。

      私は、「自分だけのオーダーメイド治療」というのは2つの要素から成り立っていると考えています。一つは「医者や書籍等の専門家の知識」です。

      この文章を読んでいる方の中で、もしかしたら誤解している部分があるかもしれませんので一応書いておきますが、医者の診断や統計データ等の知識を否定しているわけではありません。ここは念を押しておきます(笑)

      知識は「道具」であり「ツール」ですからあるにこしたことはありませんが、そんなもんいくらあっても「道具の使い方」を知らない限り、結果を得ることが出来ません。「道具の使い方」を知らないから健康食品や医師や病院をあちこち変えるハメになるのです(※道具を使ってみて初めて分かる部分があるのは否めませんがね・・・、)。

      「道具の使い方を知ること」が二つ目の要素であり、それは「自分という人間を知ること」だと私は思います。

      この部分は今回の記事でカバーしきれていないので、いつか掘り下げて新たに記事にしようかなと思いますが、結局のところ「自分のことをよく知っていない人は、結果を出すことが難しい」んですね。つまり、治療成果を高めることが難しいのです。

      スポーツでも何でもそうですが、結果を出す人は必ず「自分のこと」をよく分かっています。自分の長所も短所もよく分かっているから「自分にとって適切な道具」を迷いなく選択出来るし、「道具の使い方」も理解しているのです。

      ですので、「自分の主導権を、誰か・何かに握られているなぁ~ (´・_・`)」と感じている人は、いったん「自分という人間を掘り下げること」をオススメします。そうすることで道具を適切に使うことが出来るようになるからです。

      「自分の内面を掘り下げること」は本当に大変だし、辛い事です。過去のトラウマも一緒に掘り起こされてくるのでそれに直面するのは苦しいでしょう。私も苦しかったです(笑)(参考 →  自己紹介)でも、そのような過去のトラウマって、表に出した瞬間に解釈が変わるので、それだけである程度は解消してしまいます。

      ですからそういう意味も込めて「自分という人間を掘り下げ、公表する」のはいいですね(中々難しいですが 汗)。

      もちろんね、そんなことをやる時間がない人がいることも、もちろん知っています。このクソ長い記事(今年、これ以上ガンやうつ病を患う人が増えない為に、私が贈る言葉)を読んでくれている人のなかには、様々な事情から「時間がない人」や「切羽詰った人」「悩みや不安がある方」が多いでしょう。

      でも、「自分にはまだまだ余裕がある人・時間がある人」には是非こういう事をやってほしい、絶対新たな視点が開けてくると思うので・・・、

      また、「余命幾ばくもない人・もうあまり時間が残されていない人」は、(それが本当に客観的事実かどうかは知りませんが)もし、私の主張していることに共感し、納得して頂けるならば、「まだまだこれからの人・時間がたっぷりある人」に対して、「答えは自分で創り上げるんだよ」「自分の主導権を取り戻す為に、自分を一旦棚卸ししてみなさい」と伝えて欲しいですね(もちろん「時間がある人」にも、是非とも情報発信して欲しいです)。

      あなたの全生命力を燃やして紡ぎあげた言葉だからこそ「影響力」があり「伝播力」があります。そしてもし可能なら、あなたの大切な人だけでなく、ツイッターやブログやフェイスブックなどの媒体を使ってその事を情報発信して下さい。

      こういうことが嫌いな人もいるので嫌な人はやらなくてもいいと思うんですが、そうでもない人は「あなたの言葉や気づきによって救われる人が、世界のどこかにいる」ということに気づいて欲しいです。

      「私の経験なんて、人様に役立つわけがない!」「うまく伝えられることなんか出来ない!」などと、是非とも思わないで欲しいです。私だって色々変な(?)文章書いて情報発信していますが、「本当にそれが正しいことなのか?人を惑わすことにならないか?」という不安や葛藤と戦って毎回記事を書いています。だからあまり更新しないのです(ウソです、面倒臭いだけ 笑)。それに文章を書いたって私の真意が読んでいる方々にうまく伝えきれているかどうか不安ですし、役になっているかどうかなんて分かりません。そもそも読んでくれているかも微妙(苦笑)

      でも、書いているのです。「私の言葉によって救われる人が、きっといる」と信じているからです。たとえy_ytさんのようなありがたいコメントをくれる方が皆無だとしても(笑)、「いや、きっと役立っている」という盛大な「勘違い」をしているのです。

      30代の、根が不真面目な若造の言葉より、人生経験豊富な皆さんの言葉の方が、より多くの人を救えると思います。

      —–

      y_ytさんへ、

      抗がん剤を継続するかどうかで悩んでおられるようですが、どちらを選択するにしろ、

      ・自分の判断&直感を信頼して下さい。

      ・自分のこれまで歩いてきた経験を信頼して下さい

      ・「新たな気づき」が自分に降りてくる事を信頼して下さい。

      ・自分の判断によって得られた結果に対して、責任が持てている自分を信頼して下さい。

      最後に、長文を読んでいただき、ありがとうございます。

      お互い、笑って幸せに暮らしましょう^^

      新里

    • y_yt より:

      新里様

      新里様のコメントはこの上ない道しるべとなりました。
      感謝してもしきれません。
      有り難うございます。

      自己責任で生きて行く=自分自身の決断を積み重ねる(もちろん先人の意見は参考にしながら)、そしてその決断の結果がどうであれ、人のせいにしないって事が、
      人を本当の意味で自由にしてくれるのかもしれないですね。
      (なかなか私にはできませんが)

      大腸ガン宣告を受けた直後は、ショックで母や主人に八つ当たりしていましたが、
      そんな自分が辛かったです。

      5サイクル目は来週です。
      1週間弱、しっかり考えたいと思います。
      オキサロプラチンとゼローダの吐き気がきつくて、逃げたいだけなのか、
      自分自身の考えがまとめきれていません。

      新里様のブログを行動指針にしている私達夫婦にとっては
      素朴な疑問があります。
      勝手に親近感を感じているから余計に。

      気が向いたらでいいので教えて下さい。

      新里様は抗がん剤を1回実施された後でストップされていると理解しています。
      (違っていたらごめんなさい)
      免疫力を総合的に高めることで、抗がん剤を行わないと決断されていました。
      今もその考え方には変化はないでしょうか。
      例えば、その後考え方に変化があって、抗がん剤を再スタートされていたり
      はしないですか。

      最後になりましたが、これからも更新を楽しみにしています。
      主人が言った言葉で「経験は人類の財産だよ」というのがあります。
      若くしてガンになり、乗り越えた経験を、情報発信もしくは直接でも
      同じ境遇の方のために活かせれば、素晴らしいですよね、
      まさしくこのブログのように!

    • s___shin より:

      y_yt様、コメントありがとうございます。

      >新里様は抗がん剤を1回実施された後でストップされていると理解しています。
      >(違っていたらごめんなさい)
      >免疫力を総合的に高めることで、抗がん剤を行わないと決断されていました。
      >今もその考え方には変化はないでしょうか。
      >例えば、その後考え方に変化があって、抗がん剤を再スタートされていたり
      はしないですか。

      抗がん剤については現時点では私の考えは変わりありませんし、再スタートもしていません。

      ただ、私のステージがⅣであったり、その他のガンであった場合、もしかしたら抗がん剤治療をしていたかもしれません。

      しかし、その場合であっても、投与の仕方を色々と担当医に注文すると思います。

      新里

    • y_yt より:

      新里様

      早速ご回答頂き有り難うございました!
      自分の判断と直感を信じます!

      それでも色々考えちゃいますね、主治医の先生がどんな顔するかなとか。
      でも、そんなのは本質的な問題とは関係ない!
      自分の人生を生きる練習だと思って主人と一緒に頑張ります!

      重ねてお礼申し上げます、有り難うございました。

トップへ戻る