「余命2週間です」と嘘をついた乳がん患者がネットで話題になってましたが

ネットサーフィンしていましたらニュースサイトで余命2週間はウソでした。女性の嘘に『ひろゆき』全力で釣られるという記事が投稿されていて、ちょっと気になったので読んでみました。

ちょっと要約してみると、
ニコニコ生放送という動画投稿サイトで、「余命2週間最後のニコニコ生放送。」というタイトルで動画が投稿されて、それを見たユーザーが少しでも彼女を励まそうとして励ましのコメントを残していたが、あとでそれが全て「嘘でした」と彼女本人からコメントの書き込みがあった(乳がんなのは本当らしく、1年前に手術して今はおそらく経過観察中なのでしょう)

それを受けて、彼女に罵声や誹謗中傷が浴びているとのこと。

彼女の放送に管理人のひろゆきさんが釣られたのなんだの書かれていますけど、そんなのは正直どーでもいいです。

で、気になって動画を見てみました → 余命2週間・最後のニコニコ生放送(※リンクは貼りません)。

1時間近くある動画なんですが、1、2分で胸糞悪くなって再生を止めました。

止めたんですが、なんか少し気になりました。 うまく説明出来ないけれど、彼女の気持ちが分かる気がする。

  • 彼女はどんな人間なんだろう?
  • なぜ彼女はこんな嘘をついたんだろう?
  • なぜ彼女の気持ちが分かる気がするんだろう?

この疑問に対する答えが自分の中ではっきりと文章になるまでじっくり考えてみたいという気になりました。

全て嘘なのか?

もし乳がんということも「嘘」だったら少しも気にならなかったと思います。

嘘という可能性もありますが、たぶん本当です。

「乳がんだというのは、たぶん本当のことだな」と感じなかったら上記のような興味も抱かなかったと思いますし、他の方と同じ様に「ガンと戦っている人達に対して失礼だ!」と考えるかもしれません。

彼女は半分嘘動画を投稿したあとに、「嘘だった事をきちんと謝りたい」ということで謝罪動画を投稿しています。

もし全て嘘だったら謝罪動画みたいなそんな面倒くさい事はしないと思うんですよね。

私も大腸がんだから分かるんですが、ガンになったからあんな動画を投稿したんだと思うんです。

私以外のガンサバイバーや難病ばかりを扱っている医者も、きっと彼女の気持ち・心理状態が分かるのではないでしょうか?

私は彼女を理解しようと思い、先程止めた動画の前に謝罪動画のほうを全部視聴して、そのあとに先程止めたままにしていた動画を視聴しました。

動画の途中でヤジ馬とスカイプしてるんですが、嘘はついたとはいえ、乳がん治療中の18歳の女性に「謝罪しろコメント」を浴びせるのはどうかと思います。

しかも声を聞くと明らかにいい大人なんですね。

たぶん30代前後だと思いますが、彼らは「なぜ彼女はあんな動画を投稿したのか?」ということを考えないのでしょう(「ただの構ってちゃんでしょw」みたいな浅い考えはなしで)。

私は2chもニコ動も好きです。 よく掃き溜めとかいわれますけど、一方では当たっていますが(笑)一方では偏見だと思います。

中にはすっげー天才がいますし、私もよく情報収集に使います。

でもあのスカイプの会話は掃き溜め以外のなにものでもなかったですね。

彼女にとってニコ動はにしかならないと思うのでやらないほうがいいかもしれませんが、今の彼女では難しいかもしれません。 それは、先ほど挙げた2件の動画を見ての感想です。

動画で彼女が言っている事が全て正しいとすれば、

・彼女は心を許せる友達がいなく(いないと思っているだけだと思いますが…、)、
・でなくてもいいスカイプにでたり、
・2つの動画での彼女のテンションのギャップの違い(単純に閲覧者を釣りたいなら、最初の動画ではもっと「私は2週間後に死んでしまうんです…、」みたいな空気をかもしだすはずなのに、2回目の動画と比べると微妙に楽しそう)、
・変なギャグをして閲覧者の気を引こうとしているあたり、

彼女はたぶん、非常に寂しがり屋さんなんだな、と感じました。

ニコ動ユーザーの言葉を借りれば「構ってちゃん」ですね。

でもなんで構って欲しいのか?

それは彼女がガン患者だからと思うんです。

ガン患者は孤独

がん患者は孤独だと思います。

それはがん患者が普通の人より多くの不安を抱えているからです。

・再発の不安、
・仕事を含め、この先の生活がどうなってしまうのかという不安、
・心配しなくてもいいような不安、

様々な不安を抱えながら日々を生きていると自分の事で頭がいっぱいになり、他人に構ってる余裕がなくなります。

それでついつい他人にあたってしまったり、邪険に扱ったりしてしまいます。

知り合い・友達・職場の同僚などは状況を知っているはずなので、突然不安が襲ってくるがん患者の情緒不安定さに理解を示してくれるのですが、それもはじめのうちだけ。

がん患者が自分を省みらずに相も変わらず不安を批判に変えて周りの人にあたったり、逆に不安を自分の内側に閉じ込めて引き困り気味になったりしていると、だんだん周りの反応も冷たくなります。

その結果、どんどん人が離れていきますが、当の本人はなぜ周りが離れていくのか分からない、自分の周りに対する態度が悪いのが原因なのに、本人は「ガンになってしまったからだ」とガンに責任転嫁し、ますます自分の世界に入り込んでしまう。

その結果、孤独になっていくんじゃないでしょうか?

たぶんですけどね(笑)、あまりよろしくない頭で分析してみるとそう感じます。

あくまで自分の考えなので、この記事を読んでくれている皆さんは「ふーん」って感じで聞き流してくださいm(_ _)m

自分で選んだ(選んだつもりはないが)孤独なんだけど、やはり寂しい・・・。

どんな形でもいいから自分に振り向いてもらいたい、注目して欲しい・・・。

そういう気持ちが募って、みんなに構ってもらいたくってあんな動画を投稿したのでしょう。

がん患者だからこそ・・・。

彼女は若さゆえもありますが、浅はかな行為をしました。

しかし、(私も含め)難病を患っている患者も似たような事をしがちです。

彼女は「他人」に迷惑をかけましたが、私達は「考えてもしょーがない不安」や「言い訳」を何度も何度も自分に言い聞かせて「自分」に迷惑をかけています(「自分だからいいーじゃん」っていうツッコミはなしで 笑)。

「私には無理です」「私はガンですから…」

などと、行動しようとしません。

そして、行動しない事に対して(ガンとは全然関係のないことも)「言い訳」をせっせとこしらえ正当化します。

まずは「言い訳」をやめてみて、リスクをとって行動してみましょう。

リスクをとって行動するようになると、自分の行動に対して責任がとれるようになりますし、「あ~、やらなければよかったなぁ」と、考えることがなくなります。

つまり、「しょーもない不安」に振り回される事がなくなるのです。

これは一種の訓練のようなものなので、どんどん行動することによって少しずつそのような思考回路になっていきます。

病気を治す為に一つ重要な事は「精神的に自立している」ことだ、と私は考えています。

精神的に自立している人とは、自分に対して責任がとれる人です。

慢性的な病気を患っている人は、人生のあらゆる場面で「受身」な態度をとりがちな人が多い。

治療は医者まかせ、他人の顔色を伺い、他人に迎合する・・・。

そうじゃなく、自分の運命は自分で切り開いてく強い人になっていかなくてはなりません。

がん患者は「ハンデ」を抱えて生きています。

ハンデと書きましたが、私は単なる「養成ギプス」とか「宿題」ぐらいにしか考えていません。

彼女にもそのようにガンを捉えて欲しい

ガン患者だからこそ困難なことにも挑戦してほしい、

病気を患っている方こそ大きな「夢」を持つべきだと思います(「病気が治って元気になりたい」ぐらいじゃダメですよ)。

彼女に伝えるべき言葉があるとすれば、

あなたは自分のことを弱い人間だと思っているかもしれませんが、そんなことありません。

あなたは強い人だと私は思う。

弱い人間だったら普通あのままトンズラしてしまう。

それをあなたはきちんと謝罪の言葉を述べた。

罵声のコメントしか来ないのを承知であの動画を投稿したのは強い人間しか出来ないことだと思いますよ。

私にはたぶん出来ないし、私を含めあの動画を視聴した「その他大勢」の人よりもあなたは強い人間です。

「皆さんが許してくれるまで、動画配信を続けます」と言っていますが、謝罪は1回で十分。

何回も謝るものではないし、謝るほど有害な罪の意識があなたの心の中で膨らむだけですから、

個人的には同じ乳がんで悩む若い女性の「星」になってほしい。

いろんな形があると思います。

モデルさんらしいですから、「美しすぎる、乳がんレースクイーン」でもいいし(笑)、「若い乳がん患者が集まるコミュニティ」を作ってもいいんじゃないですかね。

あなたがいろんな場所で活躍すれば、同じ境遇の女性に「勇気」を与え、「生きる希望」を与え、幸せにすることが出来ます。

「あなたを必要とする人間がいる」ということを忘れないで下さい。

それを忘れなければ、どんなに辛くても生きていくことが出来ますから

私も負けずに頑張ります!

このブログの運営は、皆様の「支援」によって成り立っています。

ご支援のお願い
私が目指しているもの

コメント

  1. miru より:

    こんばんは。私も癌になりましたが良い事書かれてますね。なんだかじーんとしました。今からニコニコ見てみますね。

トップへ戻る