戦略・戦術に対する考え方を改めなければいけない

「不確実性の時代が来た」と叫ばれて久しいですが、これだけ変化の早い時代において、目標を立て、計画を立て、それに向かって歩み続けている間に状況がまるっきり変わってしまうことがよく起こります。

これからは「不確実性」がさらに増すでしょう。変化が早過ぎるし、予測も出来ないのです。

これだけ激動の時代です。

百年に一度の経済(金融)危機が来たかと思えば、百年に一度の大地震が来ました。

テクノロジーの進歩も半端じゃないです。

私個人のことを言えば、大腸がんになってしまいました(´・ω・`) 

もうね、世の中想定外のことばっかりですよ・・・。

そういう時代にですよ?時代の流れを予測し、それに沿って目標を立て、計画を立てる重要性というのはいかほどでしょうか?

もちろん必要な事ですが、ある一定以上はやる意味がないんですよ。まさに「労多くて益少なし」です。

私が上の方で「一年の計画を立てるのは意味がないので止めたほうがいいですよ」と言ったのは、このような状況があるからです。

これからはもっと意味ないです。今よりさらに想定外のことが起きますし、想定外のことが起きるスパンも短くなります。「百年に一度」がしょっちゅう起こるでしょう(笑)

そういう時代を生き抜くにあたって、何が一番大切なのでしょうか?

私は「今、この現実(瞬間)」を全力で生きることだと思います。

遠くの未来を思い描くのはやめましょう。ましてや計画を立てるのは(一定以上は)意味がありません。

むしろやり過ぎると、「時間を無駄にしている」「雑念を自ら増やしている」という意味で有害です。

そんなことよりも、「今」を一生懸命生きてください。

「現実を生きている人」になってください。

現実をつぶさに見ていけば、そこから必ず非凡なものを見出すことが出来ます。

それが成功の秘訣であり、幸せになる秘訣であり、そして健康の秘訣でもあるのです。

トップへ戻る