成功哲学の罪

世の中に蔓延っている成功哲学本は、成功というものに「答え」を与えてしまっています。

経済的成功や社会的成功・・・。それ以外の成功の形があってもいいはずなのですが、「そういうもの」に触れたばっかりに視野が狭くなってしまい、その他の成功、その他の可能性を見出すことが出来なくなっています。

その少ない可能性が否定されたとき、こう結論付けてしまうのです。

成功哲学本がもたらす成功のイメージ

このような人は「もう未来はない」と思い込んでしまっていますから、現在を真剣に生きようという気が起きません。

そのようなストレスフルな状態が長年続いた結果、ガンやうつ病などの精神的疾患を患ってしまうんだろうと私は思います。

トップへ戻る