「あなたは今、何処にいますか?」

2点を固定すること

例えば、友達があなたの家に行く途中、道に迷っちゃったとします。
そこであなたに電話をかけました。

「ちょっと迷っちゃったんだけど(´・ω・`)」

こう聞かれたあなたは、友達になんて答えるでしょうか?

「周りに何が見える?」

ですよね。

この質問の意図は、「友達の現在地を特定すること」です。

友達が今何処にいるのかを特定することで、目的地(ゴール)であるあなたの家までの「道順」を導く為です。

つまり、現在地と目的地の2点が固定されれば、必然的に「道順」が決まります。

もちろん「道順」はいくつもあります。1つだけが正解というわけではありません。

あなたはその中から、方向音痴の友達が辿り着きやすいように、敢えて最短距離を伝えないかもしれません。

(このように行けば最短距離なんだけど、信号も多いし、目印も少ないから分かりにくい・・・。このルートなら遠回りかもしれないけども、1回しか右折しないし、あいつでも迷うことなく辿り着けるだろう・・・。)

このように2点を固定することで、「相手にとってベストな道順」を選択するでしょう。

2点を固定せずに「道順」を探す人が多い・・・。

ここにキーワード

これって言われてみれば当たり前のことなのですが、この当たり前のことが出来ていない人が本当に多いです。

電話の例では「2点を固定する」という思考プロセスが無意識に出来るのに、人生の様々な場面ではその思考プロセスが働かず、「2点を固定せずに、道順ばかりを探そうとする人」があまりにも多い・・・。

最近はがん患者さんと会って話をさせていただく機会があるので、悩みを相談されたり質問を受けたりするのですが、正直に言えば、話が支離滅裂なんです。

悩んでいるのは分かるけれども、「何故悩んでいるのか」が本人自身もよく分かっていないし、「それをどうしたいのか」もよく分かっていないように見えます。

つまり、2点とも固定されていない・・・。

これでは「ただパニックになっているだけ」であり、非常にまずい状態です。

がん患者だから仕方ありませんが、治療の第1歩はその状態を早く抜け出し、
「さて、私はどういう状況だろう?」と、冷静に現状を把握することです。

これが現在地を固定することであり、「2点のうちの1点目を固定すること」です。

「2点を固定し、自分にとってベストな道順を把握する」ことが出来れば、人生で遭遇する様々な困難に打ち克つことが出来ます。

2点を正しく固定できれば、「道順」なんて自動的に導けますから、そんなもん後回しです。

むしろ、2点を固定する前に「道順」を探そうとするから・・・、
つまりノウハウ(方法論)ばっかり追いかけるから、迷宮入りするのです。

このことは、先ほどの電話の例からもよく分かると思います。

友人が何処にいるかも分からないのに、どうやって家までの道順を伝えることが出来るのでしょうか?出来ませんよね・・・。

しかし、ほとんどの方が道順「から」探しているのです。

物事を達成しようと思ったら、何はともあれ「2点を固定すること」です・・・。

資格勉強も企画立案もガン治療も同じです。
「2点を固定すること」を意識するだけで、かなり変わるでしょう。

このブログの運営は、皆様の「支援」によって成り立っています。

ご支援のお願い
私が目指しているもの

コメント

  1. こんまーする赤道のけいた より:

    久しぶりだな。

    生きてるならローキックの勝負でもしようか?

    2014年03月24日までは生きてるみたいな記事を書いているけど。

    結構シニガーターだったんだな。。

    ネットで名前検索してみたら、たまたま見つけてさ。

    少し、見入ってしまった。(ウンチク多かったけど。。)

    これと言って特にないんだが・・・   久しぶりだな。

    チョット前に(数ヶ月前)具志川中の同級生のプチ同窓会見たいのがあって、

    「誰がどうしている」とかって話になってて、誰かが「新里悟は”がん”なってた

    みたいよ」とかって聞いたから、がん患者=ブログ見たいな感じで探して見たら

    名前があってビックリしたよ。

    死んだかと思ってこのブログ?サイト?も、しかびながら読んでいたさ!

    今元気ならいいけどさ。

    来年の3月14日(ホワイトデー)に出雲会館で大きく同窓会するから。

    生きてたら来いよ!

    その前に生きていたら居酒屋でもいこうか?

    このコメントに気付いたら返信しれよ~!

    • 新里(管理人) より:

      ひさしぶり~!(^-^)/

      gmailのところに返信したから見てね~

トップへ戻る