人間として健全な生き方とは何か?

今の日本は悲観的な空気が漂っています。

確かに原発問題や社会保障の問題、周辺諸国との軋轢、これらは私達を悲観的な気持ちにさせるのには十分です。

それと「現実を生きていない私達」がセットになるとどうなるでしょうか?

私は自殺者・ガン患者・うつ病患者が増えると思っています。

私は(強引な考え方かもしれませんが)遺伝的な要素を除けば、全ての生活習慣病や慢性疾患の直接的&間接的な原因はストレスだと考えています。

例えば大腸がんの原因は食の欧米化(動物性たんぱく質の摂り過ぎ)だと言われていますが、考え方によっては日々のストレスの発散の為についつい食べ過ぎてしまい、そのような食生活を続けた結果、脳のセンサー(満腹中枢)が狂い、味覚が狂い、食事の量や嗜好が悪いほうに変化した、と考えることが出来ます。その結果、発ガンする。

ストレス → 暴飲暴食 → ガン

こういうプロセスを辿るんだと思います。

基本的にカロリーが高いものはおいしいですし、快感中枢を刺激します。その刺激で(一時は)ストレスを和らげる効果があるのです。

脂肪なんかは身体の中にエネルギーを貯蓄するのに最も効率的な構造をしていますからね。私達がそれを「おいしい」と感じるのも、生物として生き残る為に必要だから長い年月をかけて獲得した能力(遺伝情報)なんです。

で、脳のセンサー(満腹中枢みたいなもの)が正常に機能していれば、適度に食べたところでセンサーが働いて制御をかけますが、ストレスのせいでセンサーが狂っているもんですから苦しくなるまで食べ続けてしまいます。

喫煙や飲酒も同じ理屈です。センサーが狂っているもんだから身体の許容量を超えて吸い続けたり飲み続けてしまう・・・、

これらは全てストレスから起因しています。

そして多くの方がストレス過多の状況に陥っているのは、「誤った考え方」にあると私はみています。

つまり、

  • 答えがどこかにある
  • 頑張れば成功できる
  • 合理的に生きるほうが正しい
  • 未来の為に今を犠牲にし、身を粉にして頑張ることが正しい
  • ゴールを設定し、それに向けて計画を立てて実行するのが正しい

しかし、エジソンの成功例やハイデガーの言葉からも分かるように、それでは人間的にも社会的にも成功することは難しいし、人間として健全な生き方ではないのです。

はじめの方でも言いましたが、年初めの今こそ、激動の時代の今だからこそ「人間として健全な生き方とは何か?」をじっくり考えてみるべきではないでしょうか?

このブログの運営は、皆様の「支援」によって成り立っています。

ご支援のお願い
私が目指しているもの

トップへ戻る